大洪水お家で



秋田県でまた、洪水警報が5/18日に出ました。

昨年の7月もひどかったです。

今回は、秋田市に集中豪雨でしたので、まだ、川の水位が、昨年より防波堤を超してはいませんが、土日漁師には、またか~~です。

僕の相棒しらさぎ丸は大丈夫ありましたが、漁に出れないのが残念。

というか、先輩漁師より、飯蛸の仕掛けは、もう漁期が終ってまだ上げていないのかってお叱りの一言したが、この状況では無理~~サンデー漁師にはつらいものが・・・・。


さて~~~雨降って暇なあ~ちゅん。

ジイは、貼り絵を教えてあげました。

なんでも買えばあるって言う時代ですが、じいちゃん昔、子供のころ皆自分で糊から自分で作って遊んだものだよって教えてあげたヨ。

糊は、小麦粉を水で溶いて煮て作ります。

NEC_2446.jpg  NEC_2447.jpg

NEC_2444.jpg

上手です。あ~ちゃん。

しらさぎ、ジイは、何でも教えるよ~~あ~ちゃんが大好きだからね。

早く大ききなって、ジイと飲もうね~~・・・・。

網棒作成




網棒を作っています。

網を編むときの僕らの必需品です。

家に竹があったので削って作りますが、竹の皮は残して裏を削っていきます。

画像は、向かって右側が市販品、真ん中が漁師の先輩からいただいた網棒、左が僕作成中のもの。

まずは、マネしてみていますが、長さは30センチあります。

この長さが、刺し網を編んでいく基本的に長さとなりますがキス網にはこの半分の15センチ間隔となります。

今までは、市販品をいろんな長さのを購入していましたが、なかなか手にしっくりきません、やはり、竹で作った昔ながらのものは、手になじみます。

昔の漁師さんはみんな自分にあったものを使ったみたいですね。

古き時代のものは今でもいいものがたくさんあるってことにきずきました。

そうそう、皆さん、長いひもをかがっていくとき、この網棒あれば非常に便利ですよ。

完成品が出来たら、またUPしますね。

イイダコ

NEC_2438.jpg



イイダコ漁から始まっていますが~~。

アルバイト先が遠くになり、今年の漁は、もう、週末しかできず、もう、お天気とのにらめっこ!

でも、もう、3回ほどなんとか出漁して出荷ました。

NEC_2439.jpg


先日、ママが言っていました。今年は、全国的にイイダコが取れないんだってね。

言われればいなくなったねイイダコ。

NEC_2440.jpg


結構高値で取引なんですが、捕れなければね。

今週もお天気が今一で、土曜日は出れそうにもありません。

明日は、今年からママが家庭菜園をやったみたい。いいことです。

お隣の奥様と一緒にね。どうなることやら、見守って行きたいと思います。

ご無沙汰しました

NEC_2435.jpg


大変ご無沙汰致しまして、申し訳ありませんでした。

秋田は、桜がもう散ってきております。あたたかくなってきました。

庭というわけではありませんが、親父が植えたクロッカスが、踏まれても踏まれても今年も花がさきました。



ずっとブログを休んでおりましたのは、親父が享年90歳で天国に行きました。

ずっと喪に服してきましたが、なにか、ぽっと穴が空いたように・・・・。

葬儀には、親父のご親戚、友人に囲まれての葬儀で、しめっぽい葬儀なりがちですが、ひ孫たちが、大活躍でおおじいちゃんをお通夜、また、火葬、葬儀まで、まったく怖がらずにお骨を拾ってもらいさぞ、親父も満足したと思います。

大家族だからこそ、出来る、人間の生涯、ひ孫たちもいつか思い出すこともあろうかと思います。

まだ、親父がそこに座っているように思えてなりません。

ひ孫たちは、葬儀終了後の会食の際には、会場を走り回るは、廊下に出ていくは散々でいたが、会場スタッフの方々のご親切で大変助かりました。

親たちはもう、気が気でなかったと思いますが、喪主の僕がいいからそのままにしておきなさいと言ったので、親戚の方々も、ゆっくり昔話に花が咲きにこやかムードで親父を送ることができて大変よかったと思います。

出来れば、申し越し親父には長生きしてもらいたかったなって言うのが今になってみれば痛切に思います。

「孝行のしたい時分に親はなし」と昔からいられる通りになりました。

先日、親父の洋服等をママと一緒にかたずけましたが、どうしてもゴミには出せず、一つ一つ、船の所に持っていき焼却炉でもやし、煙となって親父のところへ届いてほしいと焼いてありました。これで親父も天国で寒く無いように衣装持ちになったことと思います。

また、親父は、若いころから鑑賞菊が趣味で立派な賞をいっぱいもらいましたが、親父が気にかかったのは、この僕に、鑑賞菊を2代目として育ててもらいたかったと思います。

菊の鉢は、親父のお弟子さんにすべて、持って行ってもらいました。

アルバイト先が転勤になり、片道70キロの所になりましたが、毎日、家族を養うため、愛車の軽トラくんと一緒に通勤しております。初めは辛かったのですが、慣れてきました。

本業の漁には、サンデーしかなくお天気となかなか合わずじまい。

心には穴があいてしまいましたが前をむいて、家族の為の為に頑張りますますので、皆様、よろしくお願いします。

かに籠




頼んでおりました、カニ籠がきました。

僕らは、ホームセンターに売っているカニ籠はつかいません。

このかごは、漁師用です。

でも、広い川、何処にでもモクズカニはいません。

探してそして経験と勘で場所を決めてあたった時の喜びは格別。

だから漁師は面白いですよ。

でも~~~まったく入らずって言うこともしばしば。

いくら、籠がよくとも、いなければ入りません。

今シーズン、いっぱいとらなけば、ママからのお叱りが怖いです。