タイトル画像

漁師サビキ手作り(自作)編 2017バージョン

2017.01.30(19:54) 777

今日は、2010年5月に大好評であった擬餌針(サビキ針)について7年ぶりに復活して2017バージョンとして公表しま~す。

ネ~~記事投稿777番目だってこんなに書いていたの?漁師小屋秋田しらさぎブログは永久に行きたいね。
今年も、春から縁起がいいや~~~!!!

さて~~~、釣り人だったら疑似針を作って大物を釣りたいと思う方々が多いですよね。

大物ヒラメ・大物スズキ・巨大クロカラ・マダイなどなどそのほか魚を捕食する大物魚。

釣ってみたいと思いせんか?

釣り方は、小さいアジとか、イワシ、サバをかけてそのまま底に沈めて、大物ゲット。

沈め釣りですね。

この釣り方は昔よりありましたが、最近釣り人の間でまた脚光を浴びてきました。

さて、どうやったら、その小物の小魚をかけてしまう、針を入手できない今日この頃に自作しかないでしょ!!!

お教えしますよ、しらさぎ親父が。

さて、前回の記事は7年前のサビキ作りの記事で~す。ご覧になりたい方はクリックしてねでした。

ご参考にしてください。

さて~~本題です。

2017バージョンの、特徴は市販のサバ皮を使用しましたが・・・・。

使用したのはこれ

NEC_2062.jpg

サバ皮のケイムラ。最近流行してますよね。

通常のサバ皮よりも食いがいいです。

発光が違うからかな?でも、事実です。実証済みですが、市販の仕掛けは高価。

だったら、自分仕様のサビキを作ったら!

ただ、ロングシラスカットで針には長すぎるし、実際にシラスよりもデカすぎるので

NEC_2065.jpg

このようにしてハサミでカット

NEC_2064.jpg

上の方が買った当初のサバ皮、下の方がハサミでカットしたもので、これを使用します。

ごめんね、画像、携帯カメラなんで光ってね・・・・ぺこり。

NEC_2057.jpg

この針が今回の2017バージョン。

知りたいですか?

教えちゃうよ~~。

今回は、銀のちりちりのフラシャー2本・黒のフラシャーごく少量・とケイムラのサバ皮のみと、赤の縛り糸。

ここに注目ですよ。ベイトはシラス、をよく観察してください。フラッシャー系統はごく少量で本当のシラスカラーです。また、赤のフロスは赤いエラを表します。地味ほど、大型の黒メバルはよく食いつきます。メバル系統は、お目目が大きいですよね。よ~~く見ていますよ。スズキも目が大きい、ということは魚とだまし合いです。それが疑似餌です。僕は昔渓流魚も好きで釣っていましたが、ヒントはストリーマーという、疑似餌、水生昆虫を真似した、なんでしたっけ?ウイックはカツラでしたよね。あ~~忘れちゃった。ウッズじゃなくて、もいういいや。
ま、そこにヒントが。。。
地味なほど食いつきがよいのでした。
最近は、ド派手な仕掛けもありますが、僕らは使わないということもありませんが、ほとんどが地味仕掛けですよ。
そうしないと、数が望まないから。

一匹を釣って満足は過去の話、僕らは、生活がかかっていますから、ある程度は釣って皆様に鮮度のいい、お魚を提供しなければいけません。
ただこの針だけでは数釣りはできませんので、まったくつれない針を使ったりしてまたこの針にということをやったり、一か所ばっかり責めないで、ほかの場所にいって、また、その場所に戻ったりを繰り替します。
それで、クーラーを満タンにして集荷します。
レジャーの方々でも非常に上手の方々もいっぱいおられます。負けないように頑張らねばネ。

NEC_2060.jpg

こんな感じというか、今日巻いた、ほやほやサビキです。

NEC_2063.jpg

針は今回は「がまかつ」のチヌ4号使用。

通常の平打ちのサビキ針だと、大物がかかった時針が折れる心配があります。
僕の経験ですが。
なので、かかりは悪いですが、この針を使用し、さらにおすすめが、「オーナー針」。
この針は、重い針ですが強度は抜群。
どうぞ、比べて見てくださいね。
その会社のよって長所短所はもちろんあります、皆さんが経験し自分にあったものをどうぞ使用なさってください。

最後に、もうここまできたら必殺秘密兵器も言っちゃうよ。

NEC_2066.jpg

まだ売っているかな?かなり前購入して薄めて使用していますから、まだります。糸止めにしようしますが、今までは、マネキュアでしたが、過去には、紫外線で光るこの道具。気持ちも持ちようだとおもいますが、何か違いますね~~。

追加です。
釣竿ってどうゆうの使っているの?って聞かれたこともありましたんで言っちゃいますが、そんな高価なものはしらさぎは使っておりませんが本当の事言いますね。
釣竿は、5対5のムーチングロッドのおもり負荷が30号と50号と80号の長さは3.0~3.3メートルのものを使用しています。
ここが本当のミソですが、たとえば50号の竿に50号指摘のおもりは僕の場合付けません。というか、50号でちょうどいいという竿でも、その付加価値を殺して、最低でも60~70号くらい付けて竿の弁々を殺して使用していますよ。その方が、大物の魚の食い込みがいいみたいで、警戒心が強いですから警戒心をなくすることに歳注意しています。
しかし、このような使い方をしますと、早く釣竿を痛めてしましますが、しょうがありませんが、腰の抜けた竿もまた味がありますよ。
そうそう、おもりも、今はものすごく高いので、僕は型に鉛を流し込んで、自作しています。自分で出来るものはなんでも自作していますね。貧乏性でしょ。でも漁師はしょうがありませんよね。もう、少し裕福だったらね。亡くなった松方弘樹さんみたいに椀飯振舞してみたいです。

そうそう、今度機会がありましたら、タイの擬餌針みたいなやつ、紹介しましょうか?ヒントはルアーですが、だ~~れも知らんとおもいますよ。ま、機会があったらね。

ご質問があれば、どうぞ何なりとコメントにお書きくださいね。
僕のわかっている範囲でお答えしますよ。
個人的にという方は、アドレスと、管理者だけにクリックしても、結構ですよ。

じゃまたね。

釣りはいいよね~~~はやく行きたいね~~。

そうそう、なに、しらざぎ丸に乗りたいって?ありがとうございます。じゃ行きますか!ゴメン、遊漁船許可ないんだった!
ごめ~~ン・・・・。

漁師小屋秋田しらさぎのブログ



<<商品開発 | ホームへ | 早く行きたい海>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sirasagi1.blog63.fc2.com/tb.php/777-fe3f9237
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)