タイトル画像

しらさぎ丸 大改造パート2 まずは完成編

2016.08.17(08:30) 769

しらさぎ丸 できましたよ~~!

長かったですね。暑かったですヨ~!


まずは、完成品がこれ!!!


NEC_1986.jpgあのブリッジが無くなりました。


今は運転台だけ。


どうしてブリッジなくしたのって、みんな聞かれますが、それは、風あたりで、作業がしづらいし、本格的にバイツブ漁をやったら、風あたりが強くそのつらさが、痛切に身に染みたためと、あとは、スズキのトローリングと、漁礁での船固定するときに苦労するため。


ただね、キャビンを外すとなると、雨降りの出港と、寒さ対策では当然あった方がいいに決まっている。


しか~~し、そこだけクリヤできればと考えたあげくの決断。


どうせ、僕は沿岸漁師、いらないものは外して、機能面だけで十分。


あれほど、あれほど、キャビンが欲しくて欲しくての願望で作成しましたが・・・・自分で出来るので、これで3個目作成、頼めば、数十万円でも、材料代だけ、手間は無し・・・。


でね、もっといいのは、スピード、前は26ノット今は31ノット。それだけ、風の抵抗はすごく、重量も大したもの。船体が10センチほど海面より上がりました。

時速で9.26キロアップ。(1ノット→1・852キロ)


なので、約57.5キロ、道路では車の感覚で130キロ位の感覚ですよ・・・・。!

NEC_1987.jpg NEC_1986.jpg


僕らは、こうゆう運転台を通称、墓石と言いますが、墓石と呼ばせたくないので、僕のは2ドア冷蔵庫だよ、似てるでしょ!!!


運転台の中身はね、好評したくないけど、せっかくだから見せちゃお・・・・・!


NEC_1978.jpg


ふたはどうしてもピンク色をいれたかったのでワンポイント。

NEC_1980.jpg unntenndai1.jpg NEC_1985.jpg NEC_1984.jpg NEC_1984.jpgね、こんな感じ。


苦労したところはね、エンジンの鍵関連と配線。


エンジンの鍵はね、完全防水なのですが、10年使ってるいると劣化してしまします。でも、僕のは・・・10年使っても大丈夫だったのが、室内に入っていたので新品同様。


ということで、どうしても、外には出したくなかったんですよ。


この狭いスペースに入れるとなると、考えて考えて、このように?


前のキャビンはすべてアFRP製、腐るわけがありません。


よって、その板を再利用。


NEC_1978.jpg 配線も苦労しました。

バッテリー僕のは、2つ搭載、大きく分けると、エンジンを掛けるためのバッテリーと、網巻器と、GPS、魚探を操作するバッテリーは、完全に分けなければなりません。


ましては、2つあるバッテリーを、エンジンの力で、この2個を充電し、さらにいつでも、過充電されないように切らなくてはいけません。課題がもう、考えるだけで、頭が痛くなりますよね。


でも、今、オリンピックやってますよね。


僕にできないことはない。

人間は、不可能を可能にする動物。

勇気をいっぱいもらいました。


初心に帰って、原点は、小学校の時、理科で習った豆電球を直列で配線するか、並列配線の、これしかないんものね!!!!!


テスター(電圧電流計)とにらめっこした、数日、どうしてもクリヤできない時に、オリンピック。

出来ないことはないと信じる僕。

不可能を可能にする、勇気。


出来ました~~、やっと。やっと。。。。


クリヤ~~。。。


海は、どんな時でもどうゆう時でも、自分しかいないところ。

信じられるものは、自分だけ。


甲板の下は地獄が待ってます。


生きて帰らねければ、家族が困ります。


ということで、エンジン側のバッテリーは、完全に守らねければ、帰れません配線が出来上がり。


長くなったね。


後はこの次。


まずは、走らせることまでできれば、やっと、稼げれますが、潜りの漁期が、8月いっぱい。


あと何回出れるか?


アワビは、あきらめてます。


自分にご褒美のカキ食べていよね~~。


どうにかしなくっちゃね。


またこの次ね・・・

漁師小屋秋田しらさぎのブログ



<<ご挨拶 | ホームへ | しらさぎ丸 大改造 パート1>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2016/09/09 22:08】 | # | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2016/08/23 00:49】 | # | [edit]
「しらさぎ」のチェンジ、おめでとうございます。次回帰った時、見せて貰います。台風7号が日本海をかましてくれれば良かったのにね。また、太平洋側ですもんね。そろそろ出港したいです。
【2016/08/17 21:41】 | 英孝丸 #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sirasagi1.blog63.fc2.com/tb.php/769-23c81c7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)