タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漁師小屋秋田しらさぎのブログ



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

あ~船外機故障 ヤマハF115馬力サーモ交換!

2015.05.28(18:14) 713

「ヤマハ F115馬力 サーモスタット交換について」

みんな、船外機エンジンメンテナスは大丈夫ですか。

僕らのとって、エンジンは命の次に大事なものです。

道路で車のエンジンが故障、でも、乗り捨てれば命の危険はないよね。

でも、海でエンジンが故障ししたら、コワいよね~~。

今回は、エンジンオイルに水が混じってしまった場合の修理を一緒に、画像をみて修理してみてください。



エンジンオイル乳化っていいます。

見て!





エンジンオイルに水が混じるとこうなります。コーヒー牛乳みたい。

今回の故障は、サーモスタットの故障。

(オイル乳化はいろんな原因がありますが・・・)

車にもサーモスタットがついていて、ヒーター効き具合なんか左右されます。

船外機にも当然ついています。

サーモスタットが故障すると、冷却部分が、常にマイナスに近い温度となり冷えてオイルに混入されるそうです。

ほうっておくと、ピストンがさびて動かなくなります。

定期的に、サーモスタットの交換をおすすめします。

僕みたいに、ならないように。



1・ じゃ、何処についているか?

NEC_1559.jpg

僕の愛船外機・ヤマハF-115で説明させていただきます。

2・ エンジンカバーをはずして。

NEC_1560.jpg

中にまた黒のカバー

これをはずして

NEC_1561.jpg

フライホイルといいます。

の上の、ここ・・ここ!

NEC_1562.jpg

3・ これこれ。これが、サーモスタット。。。
(夜明けのスタットは由紀さおりさん・・・ル~~ル~ルるる・・・古かった)
素晴らしい曲でした(エへ・・・。。。)

NEC_1563.jpg

10ミリにレンチで開けます。

出てきました。サーモスタット。

さびているね~~。。。

NEC_1565.jpg

4・ 塩がかんでいます。マイナスドライバーできれい綺麗。

NEC_1568.jpg

そのあと、CRCで洗浄。こうしないとせっかく交換しても、ゴムのパッキンに傷がつきます。

ウエス(ぼろきれ)で、きれいにふき取り。

NEC_1564.jpg

キャップの部分も洗浄。

ここから、知恵袋・・・・

周りにグリスをちょこっとつけます。次回交換が楽なのと、腐食防止。
また、ボルトにもね。

NEC_1567.jpg

右側が、壊れたサーモスタット
左側が、新品のサーモスタット。

どこが違うのかって?

よく見て。右の方が、スプリングが伸びきっています。
左は、ちじんでいます。

要は、冷却海水が、エンジンに直で流れてしまって、エンジンが冷え過ぎになります。
すると冷えた水分がオイルに混入し、オイルが乳化していまうそうです。
その、動きをコントロールするのがサーモスタット様です。えらいんですね~~。

取り付けは、簡単、方向を取り外す時に見ていた通りにはめて、あとは。ふたをし、ボルトで固定。

ハ~~いできあがり。簡単でしょ。

これで終了なんですが、乳化したオイルと、オイルエレメントを交換してね。


5・ エンジンオイル交換は?

NEC_1553.jpg
NEC_1554.jpg

こんな感じで、僕は機械をつかって、あとは、船外機後方に付いているボルト(14ミリで)をはずす前に、ビール袋をガムテープではり、海にオイルを流さないように溶状し、してください。

ご注意

くれぐれも、ボルトは海に落とさないように!
ましては、工具もね。

僕、今まで、ドライバーなんか結構落としましたから!(なかなか、拾い上げることができませんよ)

あとね、要らない工具はもっていかず、バケツに必要なものだけ

NEC_1558.jpg

こんな感じかな。

6・ そうそう、オイルを入れるところは

NEC_1571.jpg

ここ、ここ、黄色もキャップをプライヤーでとって、オイルジョッキで(115馬力の場合4、2リットルぐらいかな。ゲージを確認してね。

7・ エレメントは、

NEC_1570.jpg

これ。

★ 編集後記。

僕ってなんでも出来るっていう方がいますが、そんなでもありませんよ。
きちんと、船屋さんの指導の下で自分でメンテしています。
僕の一番信頼して相談をしてる船屋さんをご紹介させていただきますネ。

秋田船用品さんといいます。

非常に丁寧で慎重に修理を行っていただいております。

でも、自分でも結構修理はしますが、定期点検をしてくださいといわれ、お願いしちゃいました。
最近のヤマハ船外機は、高度になり、すべて、コンピューター診断です。
経費がかかっても、みんさん、やりましょうね。

ましては、僕もう数年新品の船外機購入をしますが、そこまで持たせないとね。
人間も歳を行きます。船外機も歳をいきます。メンテはいっぱいやってもけして無駄でないことをみなさんご承知してくださいね。

僕で出来ることでしたら、ご相談に乗りますよ。気軽にコメしてくださいね。
相談は経費はいただきませんよ。同じ船仲間ですもん、海の男は助け合いの精神が大切。

漁師小屋秋田しらさぎのブログ



<<東北六魂祭とブルーインパルス飛行 | ホームへ | RED HOT試合観戦>>
コメント
お返事ありがとうございます。
やはり、新品は安心ですよね。
あ、当方在住は宮城県です。
【2015/11/28 11:22】 | 伊藤 #- | [edit]
v-411伊藤さんへ


> はじめまして、伊藤と申します。
> 中古船外機を検索していて、貴サイトを見つけました。
> じつは4ストロークの80馬力~90馬力の中古を探しています。お世話になってるショップさんもみつからないようで…
> やっぱり探すのはムリがあるでしょうか。


こんにちは、伊藤さん、お返事遅くなりごめんない。

ブログご訪問ありがとうございます。

船外機中古は結構ありますよ。

いつも行っているショップの方の探しようだと思うんですが。というのも、船外機専門というか、外国に流している業者をショップを通してあたってみてください。かならず見つかりますよ。まずは、少しネットで探してみてそれからですね。

伊藤さんは、何処にお住まいかわかりませんが僕らの方では、宮城県にありますけどね。

ただ、すぐ使えるものもありますが、少しは修理費用かかりますよ。

でも、新品の船外機は燃費いいですよ。

僕ももう少ししたら、新品を購入する計画で、漁を頑張っていますよ。

では、ご検討祈ります。

【2015/11/14 16:55】 | しらさぎ #- | [edit]
はじめまして、伊藤と申します。
中古船外機を検索していて、貴サイトを見つけました。
じつは4ストロークの80馬力~90馬力の中古を探しています。お世話になってるショップさんもみつからないようで…
やっぱり探すのはムリがあるでしょうか。
【2015/11/09 12:53】 | だれかな?お名前 #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sirasagi1.blog63.fc2.com/tb.php/713-82d2a4da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。