タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漁師小屋秋田しらさぎのブログ



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

釣りクーラー改造が?

2012.08.15(20:20) 511

オ~~マイが~~ん!!!

釣りクーラーを改装しようと思いました。

しか~~し?

漁をしていて、この夏場どうしても、氷が早く溶けます。

真空クーラーを買うお金もない。だって、僕らが使うサイズが7~8万円もするんです。

だったら、作ってしまえ病が出てきました。

いや、真空クーラーではありませんが、今のせめて2倍以上氷がとけない物を作りたい。願望で~~す!

じゃ、まず失敗談からで~~す。


P8130674_convert_20120814211022.jpg
P8130672_convert_20120814210935.jpg

見て見て、クーラーに穴を開け、そこに充填材をホームセンターにて買ってきて、充填。

それが、このありさま。

クーラーの底が大幅に盛り上がり、壊れる寸前。

P8140676_convert_20120814211137.jpg

分解、分解。

やっとのおもいで、分解いたしましたところ、この有様。

予想していた通りでした。
さて、この、お腹の様に膨れ上がった発泡材をどのように取ればいいかと試行錯誤の結果、カッターだと、以前の発泡も傷つけてはしまうということで、手、手作業開始。

とったは、とれた、スーパーの袋で2個。

これみんなお金だよ。1400円ほど、モッタイナイ。ただ、捨てるんだよ。

P8140680_convert_20120814211218.jpg

さて、この穴をどうやって埋めるかです。

100均に工作で、ビニールをとかして、穴をうめたり、装飾で使うガンを購入していたんで、それを使う事に。
でも、100円でも、売っていたんですが、それは見るからに使えないと思い、思い切って780円の方を購入。100円だと10w、780円だと20w。

P8140683_convert_20120814211310.jpg

マスキングテープで、裏を止めて、流し込んで、指で抑える。

あっち~~~!

当然ですよね、ビニールが溶けてる温度。

何度?ま、100度いかですがね。

P8140684_convert_20120814211418.jpg

で、手にくっつくんでまして熱い(指でした)

そこで、僕のつば。。。
なに~~汚いって????誰じゃ、僕の聖なるつばを馬鹿にしてやつは???

ほら成功したが、途中でリタイヤ。

あけた、穴の数はかりしれないんで、途中から水、水。

これでもOKでした。


P8140686_convert_20120814211514.jpg

で、100均にいってきました。

ネットでは、アルミテープを貼っていいましたが、無い。

とすれば、要は、遮光すればいいんで、するとアルミ箔がいい。

必然的に、両面テープ。

後は、保温材は、あった、あった、クーラーのカバー。

と、家にある、梱包用の発泡。

どんどん、考えが進展してくる僕。

僕って天才じゃない??IQは300位かな。

あるわけないですが、10位かな?(謙遜してみましたがね)

だったら、間違えるな、ブログ。。。?


その通りです。すみません!!!

P8140688_convert_20120814211556.jpg



P8140694_convert_20120814211750.jpg

両面テープを貼って、アルミ箔を貼って遮光。

こうすると光電動利率がダウンですが、保冷効果が期待できません。

僕って頭いいよね。

勉強していてよかった!

そう、良い子のみんな、勉強は大切です、世の中どこでその才能が見いだせるかわかんないから、勉強は興味をもってやるべし。
BY、しらさぎ親父。



P8140696_convert_20120814211836.jpg

画像の順番が前後していまいましたが、外見ではなく中の方に両面テープを貼って保冷剤を貼って、ましては底には、先ほど買ったクーラーのカバーを貼り付けました。

熱は底からが大変強く、というのも、船にあみ作業をするんで厚い黒いゴムマットを敷いて或んでこれが熱をもって、底からの熱がものすごい。ましては、海って直射日光と照り返しがすごいんです。無風になると魚は(スズキ君は釣れないし)暑いし、もう工場で作業している方が涼しいいんです。


P8140690_convert_20120814211705.jpg

P8140696_convert_20120814211836.jpg

発泡スチロールのそこにも、5ミリの発泡シートを貼り付けました。

画像ありませんが。

2重体制です。

さて、こらからさらなるしれんがあります。

こう、ご期待を?

なに、もったいがらないで早く見せろって?

はい、ガッテンだ~~!!!

合体致します。

P8140698_convert_20120814211915.jpg

合体完了。

でも、はまらない???

そこで僕の体重が。

ご飯を食べている方はご遠慮を?

フラミンゴみたいな僕の足。

上から撮っているんで、短く見えますが、実は2mもあるんですよ~~~。

どんな足じゃって、こんな足じゃ!!!!

どんなもんだい!

P8140702_convert_20120814212055.jpg


P8140700_convert_20120814212008.jpg

クーラーの外身と中身を間違えないように体重をかけて無理くりいれます。

あ~~太っていてよかった。。。

でも、もう7キロも減量したが、自宅に帰ってきて少し戻ったみたい。

P8140704_convert_20120814212216.jpg

体重をかけて金具を速やかに取り付け致します。

ほら出来た。

出来た。

まだまだです。

もっと機密製をやりたくて、

P8140708_convert_20120814212347.jpg

ビニールを貼って

P8140710_convert_20120814212425.jpg

フタが側にコーキングをして、

フタを占めて待つこと、1日ハンピですが、コーキングが乾いたらビニールをはがします。

するとこんな感じ。

はみ出した部分はカーターで切り落とし。

P8140706_convert_20120814212305.jpg

コーキングしてないじゃろって?

そうなんです、よく見破ったね。

いま、乾かしているんで、画像が間に合わなかったんですよ。

文句あるか!!!



さて、この改造クーラーの氷はどんだけ持つか、早く試して見たいです。

今までは、この、80リットルクーラーで1日、スズキを釣るとなると10キロの氷が必要なんでしたが、5キロの目標です。

これで成功したら、もう1個、でかいクーラーが有りましてそちらも挑戦致します。

なんせ、150リッターのクーラーですので作業が大変かも?


PS: 本日、使って見ました。

結果は?

○、○、まるでした。

間違えなく、保冷効果は抜群。

挑戦してみたい方は、やってみてネ。

文章が長くなったんですが、改造のしかたを画像入りで詳しく書いたんで・・・。

また、本番には、ビニールをもっていって、氷水の上にのっけます。

あ、風呂場のマットももっといいかもね、ダブル保温でバッチリさ!!

そうそう、改造時間は半日掛かりますよ。

面倒なら、10万円払って、すばらしいクーラーを買っても愛着はわきませんけどね。

いまあるものを大切にね!

漁師小屋秋田しらさぎのブログ



<<神経シメ・漁師編 | ホームへ | 日本選手団・ゆうちゃん頑張れ!>>
コメント
なるほど 感心しました。
ス-パ-などに有る発砲スチロ-ルの箱じゃ船の上は無理なんですね 150Lは大きいな
【2012/08/16 13:13】 | EGUTI YOUSUKE #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sirasagi1.blog63.fc2.com/tb.php/511-c8e45c2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。