タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漁師小屋秋田しらさぎのブログ



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

漁師になろうよ!!!

2012.03.11(09:29) 482

ryoosi.gif

昨日、愛船のしらさぎ丸のお化粧直しにいってきました。

船底塗料はがしを漁師のスーツ、(カッパ)を着ての作業。

それも、船台が低いんで、寝ながらの作業。

久々に、今日は筋肉痛です。

肩が上がらない感じ。

また、メガネを忘れて行ったんで、目にも入るし。

お風呂で、目を洗ったんですが、まだ、今日、ゴロゴロしてます。

ましては、船底塗料の青色が、顔に付いて、マスクをしましたが、顔色ワル~~ィ。

タオルで、拭くと真っ青。

てな感じで、今度は、エンジンのオイル交換と、ギヤオイルの交換、そして、プラグの掃除。エンジンに防食防止のスプレーをかけて出来上がり。

メンテナンスは、ほとんど自分でね。

そうすろと、トラブルは、未然に防げますよ。

そうそう、いいこと教えますね。船を大事に扱ってくれる方に。

船を洗って、船底塗料を塗ったら、外装にワックスをかけてください。

そうすると、水垢がつきにくいし、汚れもつきにくくなります。

ましては、来年愛船を洗う特には、ほんとに楽。

ただ、車と違い、面積が、東京ドーム位(どんな船?)なんで、安い固形のワックスを薄く塗ろのがポイント。

拭き取りは、すれば一番いいですが、面積が大きんんで、僕は、やりません。

もうすぐ、今年の漁が始まりますが、船の桟橋が、まだ出来ていません。

港を深く掘ったのはいいんですが。工事が遅れておりますね。


そして、先日、総会にて、大先輩が、引退。

若い方が、入ってこないって、幹部のほうでは、ぼやいておりました。

僕も、未だに若手。

みなさん、漁師になりませんか?

体に最高で、新鮮な、お魚をたらふく食べれますよ。(自分次第でね)

でも、晩ご飯のオカズくらいは、先輩漁師さんからいただくこともね。

そう、修行は、楽しくね。

すばらしい、親方との巡り会い・・・・・・。

漁師小屋秋田しらさぎのブログ



<<震災から1年、復興への・・・ | ホームへ | 子供の成長と出漁準備>>
コメント
v-290真田園さんへ


> 宝船のメンテナンス、お疲れ様でした。
> 海を愛する男は、先ず船を愛す!ですね。
>
> 調理師が包丁を愛するのと同じように、
> 道具を大事にして、立派にお仕事ができるのですね。
>

真田園さんと同じですよ。
でも、「海を愛する男は、先ず船を愛す!」かっこいいな!
や~~僕、加山雄三さんになったみたいで~~す。
ありがとうございます。
そう、道具は、手入れ次第で、なが~~く使えますね。
仕事は、いつも、親方から指導ばっか。まだまだですね。
船の管理だけは、親方も口出せない範囲。
親方の船も管理してるんで、ここだけは、僕の守備範囲で~す。


> そして、始業点検、これも重要ですね。
> 安全第一
> 自分の体の一部ですから。

そう、点検を怠ると大事故に!



>
> 美味しいお魚をいただけるのは、こういった私達には目に見えないメンテナンスから始まり、
> 寒い冬の間の網作り等、コツコツと準備してくださるお陰ですね。
> 頭が下がります。本当にありがとうございます。

頭が下がるのは僕のほうです。
前にも書いたんですが、ぶどうは、一発勝負。僕らは、ダメだったら、お魚を探して、またかければいいんです。そう考えると、完全にバクチですよね。農作物は、怖いです。


>
> 頭の中(指導書)だけでは、出来ない漁。
> 少しでも若い方達が、少しづつでも経験を積んでいかれ、
> りっぱな漁師さんになる事が、必要なんですね。

そうなんです。漁は、書いたものはとりあえずあるんですが、そんな、甘いもんじゃないですね。
もう、教そわらなければ、できないです。だから、親から子供へなんですね。
後は、いかに自分でできるかです。
仕事はおんなじだよね。
書いた書物は読めばいいんですが、そのとおりはいかない。
頭で覚えたことは、忘れるけど、体で覚えたことは一生忘れませんからね。


>
> しらさぎさんも、尊敬する親方様に感謝しながら、
> これからは新人漁師さんを育てていく年代ですね。
>

そうなんですよ。いつまでもわかくないですからね。
弟子ですか?いや~~もてないですよ。
人に教えるって、真田園さんの旦那様もお分かりの通り、難しいです。
僕は、期待してます。孫のゆうちゃん。
でも、小娘ちゃんが、絶対に、海は危険だってって言ってるんですよ。
お刺身は大好きで食べてるのにね。
じゃ、俺は死んでもいいんか~~~(^0_0^)


> なりたくても、やりたくても、皆が出来る仕事ではない漁師と言う職業。
> そこに生まれ育った環境の中で、大自然の海を相手に仕事のできる、
> 強い意志を持った若い後継者ができる事をお祈りいたします。

ありがとうございます。汚い仕事で、敬遠されがちですが、魚取れれば最高です。
もう、早く会社とおんなじで、新人が入って来ないと、いつまで立っても若ぜです(新人の若者)
【2012/03/20 08:28】 | しらさぎ1 #- | [edit]
宝船のメンテナンス、お疲れ様でした。
海を愛する男は、先ず船を愛す!ですね。

調理師が包丁を愛するのと同じように、
道具を大事にして、立派にお仕事ができるのですね。

そして、始業点検、これも重要ですね。
安全第一
自分の体の一部ですから。

美味しいお魚をいただけるのは、こういった私達には目に見えないメンテナンスから始まり、
寒い冬の間の網作り等、コツコツと準備してくださるお陰ですね。
頭が下がります。本当にありがとうございます。

頭の中(指導書)だけでは、出来ない漁。
少しでも若い方達が、少しづつでも経験を積んでいかれ、
りっぱな漁師さんになる事が、必要なんですね。

しらさぎさんも、尊敬する親方様に感謝しながら、
これからは新人漁師さんを育てていく年代ですね。

なりたくても、やりたくても、皆が出来る仕事ではない漁師と言う職業。
そこに生まれ育った環境の中で、大自然の海を相手に仕事のできる、
強い意志を持った若い後継者ができる事をお祈りいたします。
【2012/03/19 00:38】 | 真田園 #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sirasagi1.blog63.fc2.com/tb.php/482-ee75d00c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。