タイトル画像

親方=ボクのバディー(相棒)(海猿から)?

2010.09.14(06:46) 333

先日の出来事です。

親方に、「ます網が沈ずんでしまうけど、どうしたらいい?」

実は、沿岸にかけるマスを捕る網ですが、水面に浮きが連打のように浮いてるものなんです。が、ボクの作ったマス網は水中では、きれいに網がたっているんですが、オモリが重いせいか沈んでしまって水面にウキが浮いてないんです。コレでは、魚に逃げれれマス^^;



DSC00151.jpg
親方の知恵貸して???

親方「もう一度、網を作りなおすか??
ボク「え????」

DSC00154.jpg
親方「ちゃんと計算して、ウキをつけてか??
ボク「ちゃんとやったって・・・}

よく考えたら、ボクのほうが体が大きいせいか、ヒトヒロ(リーチ)が親方より大きいことにきずく。

伝えた、伝えた親方に・・・・・。

そうしたら、親方、奥の手を伝授。
それがコレ。。。

画像、真ん中の緑のウキが今現在使っているウキ。

両サイドの黄色、茶色のウキが伝授ウキ。

このウキ、今じゃ使っている方が少なくなったという、後付け用のウキだそうです。
コレを数ヶ所つければ浮くという優れもの。

親方、の自前。

DSC00152.jpgコレはボクが考えた、縫い針です。(こうゆうことは頭が回りますね)

親方「使えよ」

うれしい言葉です。

他の方だったらわからないこと。

さすが親方、超ベテラン漁師。(この道いったい何十年?)内緒です。



DSC00150.jpg
作業は暗くなってやっと終了。

今、「海猿}がまた放映中です。
その中で、潜水士の相棒をバディーというそうです。
いつも一緒に行動し、お互いが助け合うこと。
親方はボクのバディー???
とんでもありません。
そんなこと言ったら、親方の殴られます。
師匠です。親方です。

まだまだ8年たっても知らないことだらけの、新前漁師です。
教えられることはあっても、教えることはないです。

あ、あった。
スズキとヒラメの一本つりは、恐れながら、親方のボクの知っているかぎりを伝授させていただいております。
隠すことなくね。(もちろん、親方だけですよ)

いつまでも、お元気で、まだまだ、教えていただくことがいっぱい。

いつになったら、親方を超えることが出来るんでしょうか。ね????。

漁師小屋秋田しらさぎのブログ



<<今日のおかずとスズキ漁の難しさ | ホームへ | 南極観測船 しらせ&ブルーインパルスイン秋田>>
コメント
v-157真田園さんへ

真田園さん、もちろん褒めますよ、もちろんです。
真田園さん、鍛えていますね。体脂肪が少ないと水に浮かないんですよ(コレホントです)
ボクなんか、もう、潜るときウエートが9キロですよ、9キロ。ま、スーツも着ていますがね・・・・。

いつも思いますがしがないこの世の中にここまで、教えてくれる親方は、人生ならびに漁師の先輩として最高の方です。もう、ボクは幸せもんです。

まだまだ、伝授いただくことがいっぱいです。みんな、いつまでも、元気でがんばりましょうね。
体が資本ですからね。



v-157titomamさんへ

そうですね、今まで学んだこと、いつか、どなたかやる気ある方に伝授したいですネ。
でも、こんなボクが親方????
こんなに、やさしく教えれるかな??

海猿最高ですね。毎日見てますよ。
伊藤英明さん、かっこいいですよね。
熱血ですね。ボクみたい(汗)

ハートマークかわいいでした。


v-157はなちゃんさんへ

親方とは、ものすごく仲いいですね。
張り合っても、足元にも及びません。
でも、いつかは・・・・。

うまいね~~。そうだよ、そうだよ、指の間からからね~~~、考えたな~~~。

【2010/09/15 22:15】 | しらさぎ #- | [edit]
親方と仲いいんですね~(^_^)
結構張り合っていますね( ̄∀ ̄*)イヒッ
いいですね良い親方がいて・・
超えなくても幸せですよ。

うちの船も、大きさでは負けてませんよ!操舵席から見たらタンカーも、
指の間より小さいからね(⌒▽⌒)アハハ!
【2010/09/14 23:27】 | はなちゃん #mQop/nM. | [edit]
しらさぎさん、こんばんは!

素敵な親方さんですね。
いつかは、しらさぎさんも親方さんに~!!

海猿、新しい映画みたいです♪
いつも、結果はわかっているけど、
ドキドキハラハラ!
伊藤英明、カッコいい~v-344
【2010/09/14 22:35】 | titomam #- | [edit]
しらさぎさん、褒めて褒めて!
私を。
浮きを付け足すと浮くんじゃないか!と。

スイミングで初級の練習の時、重くて沈んでしまう私。
腕に浮き輪ふやしたら、なんと簡単に
体が水面に浮いたもの。

そう思ったら、親方さんの奥の手も、後付け用のウキをということで、
ピポーン、ピポーン。


だけど、こうやって、一つ一つ伝授を教わりながら、育って行くんですよね。

親方さんは、師匠そして人生の先輩でもありますね。
これからも、まだまだ、お元気で頑張ってもらいたいです。

厳しい中にも、面倒見が良く、やさしい親方さんを慕えるしらさぎさんは、
幸せですね。
【2010/09/14 21:06】 | 真田園 #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sirasagi1.blog63.fc2.com/tb.php/333-a4007e08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)