タイトル画像

海の暴走族・パート2

2009.12.09(09:00) 201

昨日は、このエンジンの安全性まででしたね。

さて、今日はこのエンジンの暴走性ですね。

海では、制限速度はありません。いいでしょ。

50×2
このエンジン50馬力×2機=100馬力なんですが、瞬発力はすごいです。様は逃げ足が速いということ。

ある日のこと、漁を休み、とある鯛釣り場にいって大きい鯛が釣れずむしゃくしゃしていたときの話。

僕は、帰りの道中ガソリン代がもったいなく8ノット(1.852キロ×8)のゆっくりのスピードでエンジンの共鳴音(音楽でいう和音みたいな感じ)を聞きながら、CDでは好きな曲を流しながら走行してましたら、後方からレジャーボートが来なくてもいいのにちかずいてきた。

あれ、なんか変。こっちにちかずき、ぼくの前方の船首を5mくらいを横断。

あぶない奴。(まだ、きれてませんよ)

波がくる。斜め前方から。

10分くらい走行したら、また後方から船。

岸側に斜めに向かってくる。あれ、さっきの船に似ている。

間違えない。なんだこんどは、また、また、船首を横切る。顔が見えて、若いガキ、色白い奴。

なに、俺の船に文句があるってんだ??。

もう、堪忍袋どころではない堪忍大、大、大袋がぶち切れじゃない、爆発した????。

てめ?、この野郎、。

アクセル全回、まるでターボ船、いきなり船首があがり、まるで漫画のようだ。

70から100メートルはなれていたが、追跡しどれくらいたったかおぼえていないが、ほんの数分だと思う。

後方から10メーターほどはなして真横に着く。(確か29ノットくらいだったと思います)(道路では100キロ以上の感覚)

そのまま進行。

横をみたら相手があせっている。が、にげれれるわけない。

船のわきは水煙でみえない。

あ、相手が、曲がった。

そのまま進行。すぐ追いつく。相手のスロットルは完全、全開にみえたとき、こっちが今度はスロットル全開、。

相手の船首をかわし、大きくターン。

(GPS測定で34.7ノットがしらさぎ船の最高速でした。エヘンじゃ)(時速64.3キロ・体感速度は130キロくらいかな)

すると、あいての船がジャンプした。(ベタなぎだったんですがね??)よっぽどびっくりしたのか停止。
沈没は免れたみたい。(ざま?ミロ)

何にもしてないしらさぎに、漁師狩りしあがってね。

後方から、はなれて相手の船の横をとうりすぎると、完全、ション便ちびった様子

なんで、漁師を狙うの?

ましては、この、仏のしらさぎ親父を怒らすの?

完全、進路妨害でしょ?

そんなに、からかいたかったかな、若造君。

いい、経験でしたね。若造君・・・・・・。


でも、皆さんもこのような経験がありませんか?

あたまにきますよね。(まだ若いとき)

それからというもの、若造君とあったら、同じ鯛釣り場なんですが、はなれいくんですよ。

いっしょに遊びたいのにね。

あ、また長くなってしまいました。

今日は追うでした、あしたは、逃げるかな。

明日は、しらさぎ親父は弱気で??す。

漁師小屋秋田しらさぎのブログ



<<海の暴走族 パート3 最終回 | ホームへ | 海の暴走族 パート 1>>
コメント
その通りです。

いや~、その時は、頭が、沸騰してましたね。

何も、無かったからいいですがね。

これも、若気の至りかな~~

反省。
【2009/12/12 19:16】 | しらさぎ #- | [edit]
心配させてはいけませんよ、
ご家族の皆さまや、ブロ友もびっくりですがな・・・

若者は世間知らずの無謀物・・・
しらさぎ親父さん、陸に上がってから若者に説教して~

海の中で何かあったら大変!
【2009/12/10 21:37】 | mazico #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sirasagi1.blog63.fc2.com/tb.php/201-a092bac2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)