釣れるサビキ



しらさぎブログご覧の方々だけ朗報です。

最近、梅雨のため、漁の記事がのせれません。

いつも、海が濁っております。

スズキ、がいるはずだのに、喰ってきません。

よって、考えます。

そうだ。親方から、昔にもどれって。

ルアーが喰わないならば、生き餌つりか、昔のサビキ?

そこで、ご覧の通り、大昔のサビキを作成。

教えますョ。

白の鶏の羽に鯖皮と赤の塗料(針先に)そして、ビーズ玉1個。

針は小さめ。ハリス5号、道糸6号、これだけ。

現在、いろんなサビキが売ってますが、これは無いです。

昔のサビキで、もう誰も使いません。

この仕掛けで、誰も釣れない時 (濁っている最高) スズキを結構採った経験があります。

ただ、うってませんので、自分で作成ください。

親方にいったら、親方も作成していまして、同じことかんがえていました。

もっと、大昔は、ニワトリでなくカモメに毛をつかっていたらしです。

つかまえて、むしったとのこと。(その後はご想像にまかせます)

まず、あさってあたり、使えるかも?

釣果は、企業秘密なため、もったいぶって報告いたしませんよ?だ。

まず、サビキ、作れるかた、もっていたほうがよいです、サビキですよ。

じゃ、またね
P1000060.jpg

Comment

  • しらさぎ
  • URL
南十字星さんへ

はじめまして、南十字星さんv-7

いつも遊びに来ていだいて、ありがとうございます。

そうですね、掲載内容は、上手ではありませんが、一生懸命、皆様に愛されるよう記載させていただいております。

ほんとオコゼに刺された傷は、まだ治癒してませんが本当に激痛で、身を持って感じすぎました。v-427

昔の漁師さんがたが作ってくれたものは、たくさんいいものがあります。今の物もすばらしいですが、もう少し若い方も耳をかたむけていただければいいんですけどね。

これをご縁に、南十字星さん、ご指導いただければ幸いに思います。

でも、お名前、とってもさわやかなお名前ですね。ロマンを感じますv-354

  • 南十字星
  • URL
釣れない時は原点に戻ろう!

太字の文太字の文
しらさぎさん
いつも楽しいお話をありがとう! 最近は毎晩このサイトを拝読させて頂いております 今夜はどんなお話が掲載されてるか創造するだけでも大変楽しみです でも先日はオコゼに刺されて大変でしたね
手がグローブみたいに腫れ上がり、写真を見た私自身も驚きました
美味しい魚にはトゲがあるんですね 今度は愛犬のファギーちゃんに
噛まれないようにね(笑)昔の手作りサビキでビックなスズキを釣ってまた掲載してくださいね楽しみにしてます 昔の人のが作った物にはサビキに限らず実績がありますからね 原点に戻って大物を釣り上げて本当のプロになろうね 期待してます

Leave a Reply










Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。