タイトル画像

のんびりと

2017.07.30(19:36) 801



大雨の後、スズキの1本釣りに行ってきました。

目的は、スズキよりも友達の船を探すために。

準備をして5時には出港。

まだ、海は濁っていました。

海って本当にいいな~~。

久しぶりに、のんびりトローリング。

いきなり、結構大きいサワラがヒット。

まてよ~、スズキじゃなくてサワラ釣りの方が稼げる???

NEC_2158.jpg

たま~~にカタクチイワシの群れがボールのようになっているところを狙いますが、ヒットなし?

いや~~まいったと言っている間に朝日が上がり、あ~~~???

がんばりました。10時30分まであっちへ行ったりこっちに行ったり。

最終的には、スズキはゼロ。

でも、今日の晩御飯は、サワラのお刺身、大盛りとヒラメのお刺身と、トラフグのお刺身で酢飯に添えて、お口にぶっこみま~~す。

稼ぎは、ゼロ。

ま、この次ね。

漁師小屋秋田しらさぎのブログ



タイトル画像

秋田県雄物川の傷跡

2017.07.27(06:00) 800

一難さったらまた一難です。

ブロ友の南十字星さんからの投稿です。

秋田市内は、床下浸水、床上浸水もありましたが、亡くなった方の報告はいまだ聞いておりません。
それだけが救いです。


みんな大変です

水の引いた後泥との格闘が待っています。

水陸両用?

カァーポートです

秋田市内ではまだそんなでもありませんが、内陸部では床上浸水が続出。

水道も不通、やっと昨日の時点でライフラインが復旧したところも出てきたと聞いていました。


床上の中には幼稚園もあり、もう跡片づけでてんてこ舞い。

床もめくれあがってしまい、復旧のめどが立たないって言っていました。

ボランテア要請も出ていました。

NEC_2153.jpg
NEC_2152.jpg
NEC_2151.jpg
NEC_2150.jpg

また、雄物川では船が転覆その数8艇。

もうなんと言ってあげたらいいか。

気の毒でしょうがありません、


週末はあとかたづけに行ってきます。

内陸部の方々、もうここまできたらやるしかないですね、僕も頑張りますので。。。

漁師小屋秋田しらさぎのブログ



タイトル画像

秋田県雄物川氾濫洪水速報 2

2017.07.23(17:39) 799



23日 夕方5時現在情報。

水位30センチぐらい下がった模様。

しかし、画像でわかるかな?川の流れがものすごく速くなりました。

河口は大幅に広がったので、上流の水が出ていきやすくなりました。

また、あのくらい流れてきていたゴミがかなり減少傾向。

NEC_2148.jpg

NEC_2149.jpg

両、しらさぎ丸たちは、おかげさまで無事でした。

一安心。

おおきいしらさぎ丸は船が前に来ないように張ってあったロープはあまり張りすぎていて転覆の可能性があったために朝、親父のももまであった水位ですが、桟橋から、強行を図って短パンで船に上がり切断したので助かりました。

漁師小屋秋田しらさぎのブログ



タイトル画像

秋田県雄物川氾濫洪水速報

2017.07.23(14:22) 798



NEC_2142.jpg

秋田県雄物川が大洪水で大氾濫状況。

ものすごい赤い水とゴミ。

ただものではない。

こんなことは、漁師の先輩たちも知らないほどすごい氾濫。

僕らの漁港では被害はないですが、友達の船が2艘沈没してしまった。

自然の驚異には愚かな人間は手も足も出ないのが自然のおきてです。

NEC_2143.jpg

ゴミがいっぱい溜まっております。

NEC_2145.jpg

雄物川にかかる新橋の橋脚を見てください。

通常は足まで見えますがこの水位。

4メートルは水位が上がっていますのがわかります。

NEC_2144.jpg

NEC_2146.jpg

港の所も水位が上がって中に入っていけない状況。

☆ご注意

皆様にお願い。
絶対に野次馬根性で川には近づかないでください。
流されると自分では上がれません。
特に子供同伴は絶対やめてください。

水没している道路等は無理に車で行かないでください。途中で止まります。

写真を写そうとして道路に車を止めないでください。

命あってのものですよ!!!


追伸

しらさぎ親父の家は高台ですのでご安心ください。しかし、秋田市は冠水のため避難をしている皆さんもおります。
これ以上、被害が広がらないよう心から祈ります。

漁師小屋秋田しらさぎのブログ



タイトル画像

大洪水・氾濫・緊急報告

2017.07.23(08:08) 797



緊急避難・大洪水(秋田県)が出ています。

大雨の中、漁港。

30年に一度あるかどうかの氾濫でもう、大水洪水。

堤防をゆうに超えてもう、はいっていけません。

半ズボンをはいていたので、水はもう僕のももまでたっしていましたが、はいって行って、しらさぎ(僕の船)のびんとはっていたロープを1本切断。

20ミリのロープは包丁で簡単に切れます。

網も桟橋にありましたが、先輩漁師さんげ引っ張ってくれてありました。

感謝です。

もうこれ以上降らないでほしいですが、今夜またふるそうです。

1日に降った降水量は300ミリも超えるところがあるっていっていました。

もう合羽をもっていかなかったので、頭からびしょ濡れです。

寒い。

また、船を見にいってきます。

漁師小屋秋田しらさぎのブログ



タイトル画像

ツブ漁終了と豪雨

2017.07.23(05:21) 796

秋田県地方、大雨・洪水・警報発令中。

こんな中、7月22日土曜日、まだ、天候が崩れるか崩れにかの瀬戸際に出港。

先輩漁師たちは、いつ天候が崩れるかというので、断念し、皆で朝の会議中。

でも、その前の金曜日の午後はとても暑くて夕方、日落ち寸前でツブ漁にいき、明日は、もう、やめると判断をし、魚場を大幅に変更し港のすぐそばに、ツブかごを持ってきました。

それが幸と出るかは明日のお楽しみというところでした。

もう、ツブ貝は産卵のを終え、もう、仲間たちはバラバラになってしまったので、そんなに量は取れない状況。

ましては、僕らの方は、7月いっぱいでツブ漁は禁漁となります。

でも、僕はみなさんより一週間早く自主規制。

NEC_2137.jpg


ということでの出漁。

川の河口から船を出すのでですが、何か変。

荒れてくる兆しの波。

僕らは、南西風は嫌います。なんでって?海が荒れるから!

ましては船がかえって来れないから。

河口を無事に乗り切りましたが、波が南西よりのうねり。

おかしいな~~?????

ま、魚場はすぐそこ。

行ってみるか?

出来ると判断。

一生懸命ツブかごを引き上げます。

少しあたたったかな。

つぶ貝が順調に採れています。

あれ~~また、南西よりのうねりが高くなってきました。

やばい!!!

でもまだ、大丈夫。

一っ箇所目を終わり、二か所目。

あれ~~完全に外れた!!!

中に入っているはずのつぶ貝がいない、たまに入れば1~~2個。

これでは、漁にならないって。

まいいか!

早く揚げないと波が高くなります。

急いでもなんせ、460メートルのロープ。そう簡単にはいかないよ。

そこに、ツブ漁のかごがついているもんだから。

あ!!また波が高くなってきた。

もう、限界ではありませんが、一生懸命巻き取ります。

一緒にでた仲間の船が沖合で見えたり見えなかったり、ということは、うねりが高くなっている証拠。

命あっての仕事です。無理は禁物。

あ~~やっと終わって。

この程度

NEC_2138.jpg



すぐさま、海の神様に今年のツブ漁のお礼で手お合わせます

「おかげさまで、今年のツブ漁は今日をもちまして終了します。たくさんの恵みをいただきましてありがとうございました。また、来年も恵をいただけますようにお願いします」

船を走らせ、河口まで来ました。

案の定、やはり波が高くなって要注意しないと危険。

波には逆らわず、船を進行します。

けして、波を超されてもいいのですが、自分からこすと(波)船が波に刺さって舵が効かなくなりますので、慎重に。

毎回ですが、河口は非常に危険なところ絶対はありませんよ。

なんで、川に入ると一安心。

船着き場に帰ってきました。

貝を選別。

大きいのは集荷。

小さいのは、自家製。

でもね、本当は小さいのが食べやすくておいしいと僕は自称。


先輩漁師が、帰港。


はやいお付。

沖合いはは、波が高くなって波が崩れているとのことで断念し、急いで来たとのこと。

この方は、結構波がきつくても漁に行く先輩。

ですが、断念とは、もうだめだってこと。

たばこを一服しているときに、急に風がつよくなり、豪雨。

「いがったねが~~!」

「いがったいがった。」

ほほ、怖いこわいってな」


それから、先輩が帰ったとたん、豪雨、いうか、もう、消防のホースで頭から水をまかれているような雨。

こんななかね、全天候の漁師合羽は100パーセント、雨を蹴散らしますが。

僕の体はもう熱くてま、心も暑いんですが、汗。

雨は通しませんが、汗びっしょり。

集中豪雨のなか、この漁具をかたずけなければ。

やったよ。やった。もう誰もいない、港で!

雨がけたたましく降る中。

もう、自分でバカじゃね~~かってね、笑いながら!!

道路からは、しみこめない雨水が漁港の中に川のようになって流れてきます。

そんな中での作業、これも、サンデー漁師にはしょがないです。

努力はいつか無垢られることを信じて頑張りますネ。。。

さて~~

このお化け貝は?

NEC_2139.jpg

アカニシと、エゾボラっていいます。

家はボイルしてお刺身。

味があってものすごくおいしいです。

これも、漁師の醍醐味だよ。

イイでしょ!!!

漁師小屋秋田しらさぎのブログ



タイトル画像

お金ない奴は頭を!

2017.07.17(20:34) 795


今日は大雨のあと、川が増水して、朝早くというか、いつもの時間に(朝4時半)見回りをしましたが、思ったよりまったく水が出ていなく一安心。

ということで、前よりとっても気になっていた、網巻器のサポートガイド作成。

いや~~買えば売っていますよ。

でも~~手作りする所に意義があるんだな~~。。。

え、お前もしかしてお金ないのか?って・・・・そうだよ、そうなんですお金ないんです。

だから、この立派な頭を使って試行錯誤するんですよ~~ってね。ボケ防止もあるんですがネ。

あ~~うまくいかないで~~す。

出来合いが(売っている商品)これ~~!

mihinn.jpg



NEC_2135.jpg


これにどれくらいのもんだ!!!

いま、作成中だ~~。。。

あ~~うまくいかない。

思考錯誤の結果

この画像のように。

でも、まだまだ完成品ではありません。

まだまだ、改良予知あり。

NEC_2136.jpg

完成すれば、この網巻器の性能を100パーセント近く発揮できるんですよ。

頑張らなくいちゃね。

お金が無いから、知恵を絞るんですよ。

しらさぎ親父、このようなことをしている時が一番しあわせ。

でも、これで半日つぶれてしましました。

完成品は、買った方が安いかもね、7万で完成品よりも、孫たちのクリスマスの積立にね。

後日、できたらまたご覧くださいね。

では、また!!!

漁師小屋秋田しらさぎのブログ



タイトル画像

暑い~~っつい!

2017.07.11(21:27) 794

今日も暑かったですね。

秋田は30度はあったでしょう。

海は、涼しいでしょって?

頭はたしかですか?

もう、地獄、地獄ですよ。

まともに炎天下。




帽子は絶対必需品。

そして、ゴム合羽。

必殺、ダイエットスーツ。

ちなみに、上の画像は僕ではないよ~~!

残念でした。

1日海にいると、2キロぐらいは、簡単に痩せられますよ。

世の中の女子さんたち、いいでしょって!そんな甘いもんじゃ無いよ。

もう過酷そのもの。

そうそう、皆さんスキーとか、ボードやったことある?

終了したら、ブーツ脱ぎますよね。

あの時、あ~~す~~っといい気もちになりますよね(快感ってね)

それと同じ。

合羽を脱ぐと汗だくで上から下まで、あげくの果てには、パンツまでぐっちょぐっちょなんで、もうす~~というよりも、もう着たくなくなるほどの、気持ちよさ!!!!

ぐっちょぐっちょになった、合羽は炎天下に干すとものの、10分程度でかわく暑さですよ。

いいこと教えちゃいますね、漁作業していると合羽を脱ぐことができないので、バケツに海水をくんでカッパの上から何度もかけるんですよ。

もうこれが気持ち良くてね、やめられまっせん。。。

あ~~~誰か、メッシュのゴムがっぱ発明して~~~。

超売れますよ~~~。

なに~~~ゴアテックスがあるって、そのようなものは、我々には通用しませんから・・・・・

めった切り~~~(古いか~~)そのかた今ないしてる?????

漁師小屋秋田しらさぎのブログ



タイトル画像

過酷な労働

2017.07.09(07:00) 793

NEC_2124 (2)

7/8 夕暮れの日本海。

釣り人いっぱい。


九州地方では大雨で被害。

同じ、国なのにこんなにも違いがありすぎます。

これ以上被害が重ならないよう心からお祈りいたします。

秋田は恵まれていると思います。

でも、海っておだやかな時は人も心を和ませますが、いったん、牙をむくともう手が付けれません。

自然を商売にしている僕らは、その恵みに感謝を常にしなければなりません。

痛切に思う今日この頃です。

さて、

サンデー漁師の僕。

通常はお休み、でも、今日はアルバイト。

食べるためにはしょうがありません。

また、朝が早いです。ゆっくりですが、朝5時には勤務。漁師の僕は、朝はものすごく強いですよ。

アルバイトが予定では、10時半には終了の予定。

それから家に帰ってから一息もせず、バイツブ漁、海の状態が良ければいいのですが、昨日仕掛けてあるかごを引き上げます。

NEC_2117.jpg

昨日の画像ですが、この倍はとらないと、ママに生活費をあげれない今日この頃。

そして、漁から帰ってから、出荷。

バイツブは1か所1時間、2か所ですので、2時間、選別に約40分、出荷に1時間車の時間も含めて漁の時間は4時間の労働。

過酷ですが、好きな仕事で~~す。



朝、食事はパン1枚。アルバイト途中で、コンビニによって僕の好き豆パン1個。

よくそれででかい体、実は夕食が食べすぎているからだね。

しらさぎ親父は、永遠に不滅ですよ。

でも、弱音を吐かせていただければ、家に帰ってから晩酌は350のビール1杯でダウンです・・・・。

漁師小屋秋田しらさぎのブログ



タイトル画像

いつもこうだといいよね~たわむれる僕

2017.07.08(16:19) 792

NEC_2118.jpg

もうだめだ、撤収から6日たちました。

今日の漁場はベタなぎ。

ツブ漁再開。

NEC_2119.jpg

350メートルの長さのロープにツブの籠が50個。

ロープを機械に付けて1つづつ巻き上げ作業。

海が凪だととっれもラク。

エサのおこぼれをとカモさんたちが船をとり囲んでいますネ。

単純作業ですが、もう、気の遠くなる世界。

カモメたちが、心のささえになってくれています。

ね、知ってる、カモねさん、みんな真っ白と思われますが、まだ、子供のカモメは、グレー色です。

その子たちに、エサのおこぼれえを投げるのですが、親たちの生存競争が激しく、子供でも容赦なく横取りするんですよ。

ひどくない?

僕はね、そうゆう大人のカモメたちにフェイントをかけて、そっちにはエサの魚の骨。

子供たちには、少しお肉のついた凝れエサを与えるんですが、学習能力があるんですね。

横取り合戦。

人間社会では考えれれない行動ですよね、

生存競争ってやつね。

僕はそのまた逆を考え、エサやるんですがひどい親カモメたちね。



さて、

もう6日間経ったんで、ツブは虫に食べられて、もうだめかと思ったんですが、食べられたのは、ほんの数個。

後は助かってくれていました。

よかった。

NEC_2117.jpg


日ごろの行いがいいのかな?

NEC_2121.jpg

これは2か所分です。すくない。

貝は選別が必要で、ヤドカリなどゴミも一緒に上がるので

NEC_2120.jpg

秘密兵器で選別。

すべて手作業。(これがいいかもね、)機械化のないしらさぎ丸)アナログがいいんですよ。

小さい粒と、ヤドカリなどは下の籠にまっしぐら。

さらに、僕らは、自家製用と、商品を選別して

(商品のでかツブ貝より、自家製のちいさなツブ貝の方がおいしいって知っている?でも子供はダメ、小さすぎて面倒ですので。

小さいのは、また海に帰します。

大きくなって、しらさぎの籠に戻ってきてネ。

ヤドカリは返したくないのですが、こいつらも、海の掃除屋さん。

NEC_2123.jpg

真ん中にヒョウ模様のがツブ貝の子供。

今はみなさんスマホでしょ、僕まだ携帯なんですよ、アナログの携帯画像で、ブログができています。

あしからず・・・・・・。。。

漁師小屋秋田しらさぎのブログ



2017年07月
  1. のんびりと(07/30)
  2. 秋田県雄物川の傷跡(07/27)
  3. 秋田県雄物川氾濫洪水速報 2(07/23)
  4. 秋田県雄物川氾濫洪水速報(07/23)
  5. 大洪水・氾濫・緊急報告(07/23)
  6. ツブ漁終了と豪雨(07/23)
  7. お金ない奴は頭を!(07/17)
  8. 暑い~~っつい!(07/11)
  9. 過酷な労働(07/09)
  10. いつもこうだといいよね~たわむれる僕(07/08)
次のページ
次のページ