タイトル画像

自分を吹っ切れ、そして思い出、磯釣り

2015.10.25(10:43) 733

NEC_1653.jpg

思い出。磯釣り。

大切に使った道具。使用したらすぐ水洗いそして乾燥したら、ワックスがけ。

この竿には、すごい思い出がたくさん詰まっています。

ママは言います。釣竿1本あったらいいんじゃない?って。

違うんですね~~。

その時の使う竿は、その日の天候、そして魚体の大きさなどで使用する竿は変わることをママは知らないってことを。


磯釣り、僕にとって人生を掛けて取り組んだ釣りでした。
21歳から本格的に取り組んだ磯釣り、いろんな方々にお会いでき、いろんなことを学んだ、ただ単に釣りではかたずけれない磯釣をきっぱり今になってあきらめる事にしました。
釣り道具はすべて、友達の若い方に譲ることにいたしました。
僕は、磯釣りで使用した、竿、タモ、針もウエアも、がまかつというメーカーの大ファンで時に、釣竿の魚をかけてからの、釣竿が円を描く姿がものすごく好きで糸の切れる限界まで竿をまげて釣り上げたものでした。
人は言いました。
がまかつの竿は初心者の竿で魚は黙っていても上がるってことを聞きました。
昔の竹竿もそうでした。
庄内竿という有名な竿もその通り。似てます。
初心者の竿でもいいのです。大好きな竿でしたんで。
当時は、他メーカーの竿もありましたが、がまの釣竿は高価でしたね。
この、竿になってから、釣った釣った釣りまくりましたネ。黒鯛、マダイをメインにメジナなんか時には、練習にホッケ、サヨリほか何万匹というのは大げさですが、何百匹釣ってきたんでしょうか。

がまかつの竿は値段が高く、ある方は言いました。初心者の竿だと。

違います。どれだけ曲げれるか。どれだけ、この竿の魅力にはまれるかってことを知らない奴にこの竿の事を語ってほしくないもの。

そして、僕はハマりました。

でも、今は、磯の魚釣りしたいんですがもう、そんな事は、体もついていけなし、暇もない貧乏漁師。



吹っ切れました。思い出。そして、大切な、道具。

それは、一番はまっていたもの。磯釣りの竿などの、数々。

売ってしまったほうが、気が楽。

でも、しらない方に、適当に扱われたらと思うと、道具がかわいそう。

道具だけで、数十万円。

費やした時間と渡船代金なんて、決してママには言えない金額。

がまかつというメーカーでそろえて、竿リールは、シマノ、ウエアのがまかつブーツも。

磯釣りは、この竿で覚えました。どのくらい釣ったのかは、覚えてはいませんが、黒鯛は確か、午前中で、16枚が最高だと記憶しています。

働いておりましたが、シーズンになると、一週間に3~4日は魚釣り、三昧。

今思うと、よく首にならなかったなって。

リール最後に購入したのは7万円だった。当時の最新機種がどうしても欲しくて・・・。

今だから言える購入歴。

残業手当は、現金でもらえたので、ほとんどが、釣り道具屋さんの借金。

いい、お客さんだったようです。


釣りバカ日誌の映画の浜ちゃんみたいなものでしたね。というか、原作は僕の方が先かもね。

NEC_1652.jpg

すばらしい方が見つかったんで、その方にすべて差し上げました。

「いいんですか?」
「え~~い。持って行け泥棒~~くれてやるわ、いいから、もういうな・・・・・」
「男には、二言はないから・・・」

とう言うものの、ト・ホ・ホ・・・・。


その方は、僕の息子みたいな年齢ですが、お父さんが、まだ、磯釣りをやっているとの事。

言っていたそうです。その竿、どっからもってきたのって?

のどから手が出そうな、プレミヤの竿。

もう、今は、買うことができません。

お父さんが、触って、言ったそうです。ゆずってって?

でも、いやだっていったって。

誰からもらったのって・・・・言ったら、取引先の方だって答えたって。

こんなの、誰がくれるって、ありえないってサ。

秋田は、磯釣りの一級ポイント、男鹿半島という、フィールドを中心として、青森の竜飛岬での釣行。県境でのゴムボートでいった釣り、山形の粟島での、マダイ釣り、1m位の真鯛に、結局2回のチャンスがあっても、捕れず、ライン切れはひざが笑ったことを今だに覚えています。

男鹿半島の断崖絶壁をロッククライミング状態で友達と行ったこと。

ましては、飛島遠征釣行。

山形での、クラブ釣行で、前日お酒飲みすぎて、寝ていたこと。

今になってはすべて思い出。

吹っ切れず、道具をなかなか手放すことができず今まで。。。。

NEC_1650.jpg

円錐うきも、市販のものには飽きたらず、自分で霧木をカットして自作。

黒檀、のドッキングも。


6年かかりました。当時、材木問屋の友人いて、材料はそこの切れ端をいただいて、おもりまで、鉛を溶かして型を作り、流しておもり
制作をするところから。

塗装の関しては、車屋さんを回り、釣りに友人も製作していたんで、情報交換。

秋田の、フィールドでのうき作り。

機械は九州から取り寄せて。

もう、バカみたい。

でも、最後には、仲間たちから、売ってって来ていましたが。

売りません。使ってくれるんだったら、あげますってね!

うれしかったね。

ここまで、熱中していました。

今、渡船業者の方と先日会うことがあったんので父さんは言っていました。釣れなくなったて。

というか、今の若いやつ釣ってこないって。

そう、僕らは、流し釣りではなく、待ち伏せ釣りで釣っていました。
いまは、その様はことができない方がいないって。
うきあたりで見ていてフナ釣りみたいって、僕らはほとんど竿先あたり。
さみしいことです。

そのために自分のためにここまで頑張りましたとさ。。。

NEC_1649.jpg

棒ウキも自作。

すべて思い出。

皆さんのも僕のような思いでのものがたくさんあると思います。

吹っ切る為には、どのようのされましたか?

よろししかったら、教えてください。


これでやっと、吹っ切れました。

まだ、渓流のルアー竿関連、とあゆ釣り道具一式、ありますが、これは、もう少ししたら、考えます。

いまだ、ペットレスではありませんが、釣りレスになっている、僕ですが、漁で稼がないと、ますます、生活が苦しくなりますので、頑張りますね。

漁師小屋秋田しらさぎのブログ



タイトル画像

感謝・そしてありがとう!

2015.10.13(22:12) 732

皆様お久ぶりです。
大変ご無沙汰してゴメンなさい。(ぺこり・・・)
どうしているんですか?という問い合わせがありましたが、僕は元気、元気だよ!

さて~~記事は休んでいた分、たくさん溜まりすぎてどこから手を付けたらいいのか僕も困っております。

長~~いお休みの間たくさんの方にお越しいただき、過去記事をたくさん読んでいただき、本当にありがとうございました。

さて~~今日の題材はこれしかないでしょ「感謝」ですよね!!!

NEC_1678.jpg

漁師小屋秋田しらさぎのブログのファンでもあり、あ~~でもない、こうしたらいいんじゃないって言うのが、評論家、我が娘、モコちゃんに感謝。

父の日にお財布をプレゼントしていただきました。

僕が一生けん命探してもなかったお財布。

本当に欲しかった財布なんです。(すぐさま使わせいただいております)(あれ~~写真撮ったんですがどっかにいって行ってしまいました)ゴメン。

NEC_1679.jpg

カードがいっぱい入って、小銭入れも一緒で薄いやつ。
女性用には、厚くてたくさん入るのがいっぱいますが、薄いやつはないのね。

2年も探ししました、100均をぐるぐる。

言われました、モコに!

100均で売っているわけないでしょって・・・・・。

でも、僕のいままで使っているお財布は、300円でした(うそ~~みたいなホントの話)

稼ぎが悪いんでこれで十分なんですが。

ちなみに、息子が使っているお財布は、何処だかのメーカーのブランドもので何ですって、何万円もするんだってサ・・・・。

親父は300円のお財布なのにね~~ドラ息子めが・・・・。

モコに言われました、いいお財布でないので、お金たまらないし、漁の稼ぎだけでは、暮らしていくのが大変なんで、ママにいつも迷惑がかかるのだってよ。

そうかもしれないですというか、ホントなんだけど。

愚の音もでない親父です。

情けない親父ですが、実のこのお財布のおかげでがっぽ、がっぽとはいきませんが川ガニが捕れています。

モコのおかげです。娘ってかわいいく、息子よりいいな~~って思う今日この頃です。

モコ本当にありがとう。

でもね、最後に落ちがあるのですよ?

その後なんですが、モコの誕生日には、もちろんプレゼントくれるんでしょうねって?

そして、取られました。言ってしまったんですよ。いっぱいあげるってサ。

そして、2万円も隠し財産取られちゃいましたが、かわいい娘って、親父あまいんですよ。

船のGPSを買うのにためていた一部でしたが、ま、モコの為、もったいなくないです。また、稼げばいいのだから・・・・。

はやく、札束で満杯にならないかなってね。(から財布でも、ブランド品で~~すよ。)


そして、昨日かな、皆さんも見ていた?

ラグビー、日本とアメリカ戦。

体格の差がものすごく違いましたね。でも、日本チーム頑張りました。

アメリカの選手にタックルは一人で間に合わなければ2人でね。
USAの新聞で、日本の選手は素晴らしって書いていましたとさ。

子供たちは、五郎丸選手ポーズ今ものすごく流行っているんだって。

でもね、みんな、団結の力ってすごいでしょ。僕もなんでもできる勇気をいっぱいもらいました。

ココにも、感謝ですね。

カニ漁も、忙しくて、明るいうちに行きたいところですが、できずじまいで、結局暗くなってから、行っています。

もちろん危険を伴いますが、静かで落ち着きます。明かりなしで漁をしています。

僕の目ってくらい方がよく見えます。野生みたい・・・・。一杯とって、家族にケーキでもね。



さて今日の最後の感謝といえば、ブロ友の真田園さん
さん

先日、一年間の集大成のブドウをいただきました。

NEC_s1.jpg NEC_s3.jpg
NEC_s4.jpg 
NEC_1667.jpg

しらさぎ家は、ま、皆さんご存知だと思いますが貧乏漁師です。

なんで、ブドウは真田園さんには申し訳ありませんが、送っていただくのを、家族みんな首を長~~く、長~~くして待ちわびております。

孫たちが、来た~~~って、開けて開けてって僕にせがみます。

じいちゃんが来てからって、待ちきれず寝てしまいましたが~~、開けようとした時、あ~ちゃんが起きてさっそく一番好きなのとっていいよっていったら

NEC_1665.jpg

安芸クイーンって品種かな?種なしでおいしいブドウをさっそく、ま、子供って正直もの、高級ブドウをとってご満悦。

それみんなで食べるのだからって言ったら、泣く泣く。もう、離さないあ~ちゃんでした。

で、今年びっくりした商品ですが、白ブドウっていうのかな?
開封とたんに僕、内緒で一房いただいたいました。。。

NEC_s3.jpg
NEC_1668.jpg

ナイヤガラ。

その糖度にびっくり。
あま~~いのには超びっくり。
そしてしつこくない甘さ。

お電話でお話させていただきましたが、やっと糖度が乗ってきましたよって。

これまで数年間にわたり送っていただきましたがこれまでの糖度にはびっくり。

さすが、本場のブドウと思いました。

そしてこの粒の大きさですよ。

僕のごつい手と比べていただきたい!

ツブの大きさにびっくりですよ。

すばらしい、これはもう、単なる果物でではかたずけれない、作品、作品といって過言ではありません。

けして大げさに書いてはいません。

真田園さんの旦那さんが手塩にかけた娘たち、ありがたいです。そして今年、テレビに出演したんだって、奥様が。


そして、今年も見たこともないブドウの詰め合わせ。

NEC_s4.jpg

NEC_1664.jpg
NEC_1663.jpg
NEC_s5.jpg
NEC_1662.jpg
NEC_1661.jpg
NEC_1660.jpg

ほかさまざま。

ごちそう様です。

何が一番とかはありません。

少しずついただいてはおりますが、僕は帰ってくると少しずつなくなっています。

犯人は、孫たち。

でも、買ってあげれない僕が悪いです。

長野パープルは絶対食べるなよと言ってはみたものの、もう食べれれるのは時間の問題です。

ピオーネなんて、食べたことがありません。

真田園さんとお友達にならなければ、一生知らないでいたと思います。

感謝し、いただいております。

ありがとうごまいます。

いつか、いつか、真田園さんにお金をいっぱいためて、ブドウを買いに行きたいです。

軽トラ満載で秋田にもどってきたい夢があります。

いったい、どれほど貯めればいいんでしょうね?


最後に、もっともっと感謝をというか、お礼を申し上げなければいけないのは、お越ししただきました、皆様です。

毎回お礼してもしきれないほど、皆様には感謝いたしております。

本当にありがとうございます。

そして、もう一言。

僕のブログにお越しいただいている方で、今、お体を壊されている方がおりまして、僕は心配しております。
僕らの年代には、いろんな体の変化が起こってきます。僕の親方の今、67歳です。でも、あちこち壊しているにも関わらず、お前には絶対負けないって気合いがすごいです。親方にはもう、最低でも20年は頑張って頂きます。
僕のお友達、病気なんか、気合いで乗り切ってください。
勇気そして感謝の気持ちがあれば、何でも怖くありません。早く、早くよくなってメールくださいよ!
まっておりますよ。いつまでも・・・・。

世の中のみんな、ありがとうって言える勇気もって生きているものすべてに感謝しましょうね。

しらさぎ親父、復活です・・・・・・。。。

ブドウスペシャリスト 真田園さんぽちっとクリックして遊びにいって!ね!!!

漁師小屋秋田しらさぎのブログ



2015年10月
  1. 自分を吹っ切れ、そして思い出、磯釣り(10/25)
  2. 感謝・そしてありがとう!(10/13)