タイトル画像

アジが来た~~?

2015.07.29(19:38) 725

豪雨、増水、濁った海~~久々でラッキ~~。

何処が?

アジが来た~~!

ところが~~・・・・

いない

何処を探しても

仕方なく、深い所の

漁礁に

やっと釣れた

40~50匹

1時間くらいで


食べたい、おさしみと

なめろ~~




僕の大好きな

NEC_1643.jpg

アジフライ(オオバの葉を添えて)


お腹いっぱい食べましたと

漁師小屋秋田しらさぎのブログ



タイトル画像

カキを捕る道具

2015.07.29(19:32) 724



天然のカキっておいしいですよね。

僕が捕る道具を教えちゃいます。

内緒でね。

ただし、漁民でないと使えませんので、そこんところよろしくロックんロー~ら~、ナ~ちゃって!

作り方は、画像で出ていますのでご覧あれ~~!

NEC_1637.jpg

鉄筋です。硬いよ~~真っ赤にしてね。時間は20分~30分かかるよ。

NEC_1638.jpg

まげて~~

NEC_1639.jpg

グライダーで削って

NEC_1642.jpg
NEC_1641.jpg

滑らないように、グリップをつけて~~

NEC_1640.jpg

出来上がり~~ですが、曲げる角度とは、その人によって違います。

僕はこんな感じ、握って、カキが頑固に岩にへばりついていますので、先端に力がかかるように角度を出しますが、感しかないと思います。失敗すると、非常に捕る際に難儀をしますし、能率が上がりませんよ。

エ???なんだって、アワビの道具は?

無理~~!!無理壁~~だ~~・・・(妖怪ウオッチから)これだけは、親方の許可がねければ公開できませんし、公開しても、わかないと思うよ。
いろんな道具があるでしょ、全部お手製ですよ。貧乏漁師は、自分で作るから大切にするんですよネ~~!

漁師小屋秋田しらさぎのブログ



タイトル画像

バイ貝のかごの作り方(秋田編)

2015.07.25(20:00) 723

やっと雨が降って川も増水しましたが~~、降りすぎで、増水どころか、洪水になって、漁ができません(ショック)

こんな時には、漁具づくり。

NEC_1631.jpg

バイ貝(ツブ貝)のかごの作り方を詳しく説明しちゃいますが、これは、僕ら、秋田で作っているやりかたですのでその土地、土地で違うかもしれませんので、ご了承してください。

さて~~まずはバイス万力から作っていきます。
エ、道具から・・・当たり前ですよ。だって売っているやつ高いんだものね~~。

NEC_1627.jpg

僕は、これを利用しました。
柱ですが、これは、車のオイル交換に前輪を浮かすためのコロを利用。(考えるでしょ、あるもは昔から使えってネ)

ココが一番苦労しました。
ドリルで穴をあけ、さらにねじ切りして、ボルトをとめて、針金の径にあわせてね・・・。

NEC_1626.jpg NEC_1623.jpg

こんな感じでまげていきます。

NEC_1633.jpg

まずは、した輪。僕は直径38センチなんで、380ミリ×3.14(円周率)

そして、つなぎ目は、アルミ管でもいいし、輪と輪を結んでもいいけど、僕はこっちの方が簡単で手間もかからず。

NEC_1629.jpg

ま、つながってればいいよ。どうせ 一回作ると数年後ににはまた作りますので、あまり手間を掛けずに。

さびて、腐ってしましますから。

下輪ができたら、上の針金を制作。

NEC_1634.jpg

部品を作って、あとは

NEC_1636.jpg

こんな感じで作っていきます。

ココが肝心!!!

高さは7センチから8センチどまりにしてください。

ここで、釣果がガラって変わります。

貝がエサを取りに、よいしょ、よいしょってきますので、あまり勾配がきついと脱落者も出てきますので脱落者がでない程度の高さ
で、あ~~やっとついてエサがあった~っと思った途端、ころっろ中に落ちるのを想定して、作ることが一番肝心です。
この高さは、ツブ漁師さんが数十年かけて一番いい高さだそうです。それを、まだまだ駆け出しの僕に(十年くらいではまだまだ)作っては失敗している僕をみて教えてくれました高さと直径です。


NEC_1616.jpg

後は、網を張りますが、編んでもいいんですが、とっても面倒なんで、購入しまして、輪っかにして(つなぎ目は編みますが)

の頭は、作業ができやすいようの自分の手より大きく、しっかり止めます。

下の網を絞っておへそを作り、出来上がり。

NEC_1632.jpg

NEC_1631.jpg

吊るしヒモをつけて、出来上がりですが、エサは真ん中の針がねと輪ゴムの太いやつをつけて、そのにエサを挟みます。

僕は、メインロープは、8ミリ、かごとかごの間隔は、5~6ヒロ、枝ロープは1・5ヒロかご数50個でひとはり(一つの仕掛け)約、300メーロルかな。

こんな感じで僕は作っています。

でも、作るには結構時間がかかります、苦労もします、売っていますが、高くて手が出ませんヨ~~。
自分で作るところにいい所と、自分で作成すると大事に使いますからね

参考のなりましたか?ま。自分なりに工夫してみてくださいね。


ご注意

この仕掛けは、漁師道具であって、レジャーの方々は。使用できません。

なんかこんな方もいたってよ。
ペットボトルの中に、エサを入れて、釣竿につけて沈ませて釣るってサ。ん~~考えたのね~~。バイツブ、買った方が安くない((*^_^*)

後は、大漁を祈ります・・・・・・!

漁師小屋秋田しらさぎのブログ



タイトル画像

バイス万力自作とツブかご作成

2015.07.16(21:25) 722

NEC_1612.jpg

お百姓さんは、百の仕事をこなすプロフョショナル。

漁師は魚を捕るプロフョショナル。

しかし、道具となれば、売っているものを使うというケースが多い中、編み針(網修理に使う道具)網棒(あぼう)と言いますが、昔は竹を自分で削って作っていました。
それと、同じで、廃材を利用して、別のものに加工する技はお百姓さんに負けません。

いいことを言ってるでしょ僕って・・・・!

本当の事をいうと、用はお金が無いんで、再生利用するということ。

実はこの道具も、それ~~。

バイス万力ですよ。

考えたすえ、この形、人力バイス。

この被膜を被った番線は、前は、タコとか、イカを捕るかごでしたが、今は使っていません。

ということで、再生完成品が、バイガイを捕る、かごに変身。

曲げ方はね

NEC_1614.jpg
NEC_1615.jpg

こんな感じで、あとは、金づちで、たたいて曲げます。

ペンチでは無理。

完成品がこんな、かご。

NEC_1613.jpg
NEC_1616.jpg

高さは、7センチくらいがいいでしょう。

道具から作るしらさぎ親父さんはすごいと思いません?

何かご意見でも・・・・・。


もっと、考えてみます~~自信過剰のぼくかな?自我自身違うな・・・あっそ~だ、自己満足でした(笑い)

PS:このかご、ひと縄に50個装着、約、350メートルにもなります。

漁師小屋秋田しらさぎのブログ



タイトル画像

ジャンボカキフライ

2015.07.15(11:30) 721



1年越しに夢がかなった。

そう、ジャンボカキフライだよ~~ん!

去年は、悪天候で、僕んちカキ食べていなかったはず。

今年は親方から、早くも、捕っていいよコール?

そう、早すぎないって言ったらね、今年のカキは数年ぶりの最高の出来。

半信半疑で、捕ってみましたら~~~?

いいね。イイね~すばらしいミルク。

NEC_1620.jpg

左に見えますのは?ママの携帯電話。

デカくないカキフライ。

これでも、2個分を一個にあげてみたよ。

ナスのてんぷらも、普段の3~4倍の大きさ。

ね、ね、とある県のカキフライ、5~~7個のカキを一個にまとめるって言ってましたが、しらさぎ家のカキフライはカキ2個で無理~~・・・!
でも~~今度は、3個に挑戦したいんですが、火が通るかどうか?

これでも、2度揚げしています。

お味は~~~、外側はカリッと、中はジューシ―うまいに決まっていました。

さ~て、今はお昼どき、僕のブログご覧になってこんばんはカキフライいかがですか?

よだれたらして、お弁当食べているのは、だ~~れ、ですか?


今度は、自分で捕った車エビと、ムール貝、イカと、カキをたっぷり使った、あれ~~あれ~なんだっけ?

そうそう、パエリア作ってみたいです。

有言実行のぼく、しらさぎさんでした。僕に、清き1票を・・・・。

漁師小屋秋田しらさぎのブログ



タイトル画像

海ソーメン

2015.07.14(18:03) 720

NEC_1606.jpg

貴重な海ソーメンてなかなか知っている方はいないと思います。

海のソーメン?

なにそれ?

モズクは有名なんですが。

似てるよ~~。

ぺろぺろして最高。貴重な海藻なんです。


酢醤油でいただきますがね、市場にはあまり出回りません。

水揚げが少ないってのが現状なんですが。

いやーぼく、今まで、まったく関心が無かったんですが、今年初めていただきました。

NEC_1608.jpg

これを湯がいて、氷り水に入れると

鮮やかな、緑色。

NEC_1609.jpg


そして、NEC_1611.jpg

冷たい、ガラスの器に入れて。

酢醤油でね~~

あ~~もったいぶらないで~~

いただきます~~


お味は、海の香りか鼻からすう~と!!!


本当は、そうめんと同じで、ずるずりって下品な食べ方をする僕でした。

漁師小屋秋田しらさぎのブログ



タイトル画像

僕は詩人?

2015.07.13(07:00) 719

海に潜って、何も聞こえない。

世の中の音は、遮断。

聞こえるのは、波の音のみ。

アワビを探して、ゆっくり、ゆっくり、ゆっくり、泳いで行く。

なかなか見つからないアワビ。

でも、いいんだ~~このひと時は僕だけのもの。

急に息が続かなくなり、浮上。

あぶくと、一緒に。

浮上して、また聞こえる、世間の音。

現実に戻る。

その繰り返し。


な~~ちゃって、僕って才能あるのかな???

無いよね~~!!!

ま、いいんだ。

ちょっと、ふと潜って思ったこと。

でも、難しいよね誌ってね。


さ~~て、


今日は、出荷の日、アワビ少しなんだけど持っていったら、傷物で返されたきたアワビ。


NEC_1617.jpg
NEC_1618.jpg

おつまみは、

「アワビとミミイカの肝あえ、しらさぎ風バターに心をこめて}

1500円

頂きもののビールを添えて。

といったら、うちのモコちゃん、ぼったくり親父って言って、ほとんどモコちゃんが食べていました。

ボったくったのは。あなた~~~~!!!

売れないかな~~~。

漁師小屋秋田しらさぎのブログ



タイトル画像

マツブって知ってる?

2015.07.12(06:00) 718

NEC_1605.jpg

これこれ。マツブっていいます。

正式名はエゾボラっていう貝。

これが、最高においしい貝。

たまにしかお目にかからない貴重な貝、マツブ。

お刺身が最高ですが、開け方が・・・・?

かなづちでばか~~~んって?

そんなことしたら。粉々・・・。

見てみて。

貝の真ん中に穴が開いているでしょ。

これが開け方。ポンチで穴をあけて(釘でもいいよ)そこのアイスピックを入れて、身の部分を切って、あとは、身の部分をアイスピックであおると簡単に外れます。

後は二つに割って、食道の周りについている油を取りのぞいて、塩もみして、スライスすると・・・

NEC_1604.jpg

お刺身できあがり!

最高においしくて、お酒が進みます。

もしかして、アワビより、ずっとおいしいかも???


そうそう、開け方は、ユーチューブに動画で乗っていましたよ。

漁師小屋秋田しらさぎのブログ



タイトル画像

最悪な先週でしたが・・・・

2015.07.11(20:59) 717

先週は、僕にとって最悪の日でした。

実は、軽い胃潰瘍になり、日曜日潜りに行ってから、胃が痛く、あれ~~冷えたのかなって思って、整腸剤を服用したが、治らず、胃腸薬で少しは,軽くなって、月曜日病院に行って、胃カメラを飲んだら胃潰瘍。

なんで?思うように、魚が捕れなかったからかな?

で、ダブルパンチ?

歯茎が腫れてきて、歯医者で、水曜日に、麻酔をして切開をして、手術。
歯医者さんは、大嫌い。
海の男も、たじたじ。椅子を力いっぱい握って、耐えるだけ~~。
わかるかな~~この気持ち?隣ででは子供がありったけの力で泣いているし、先生、痛くないから~~なんて、痛いに決まっているのに・・・・。


さて~~やっと治って今は快調です。

NEC_1601.jpg
NEC_1602.jpg

今秋田では、バイガイ(ツブ)漁のまっただ中。

みんな、頑張って捕っていますが、しらさぎさんは、自分の家で食べるだけ捕っていますが、近所から、注文が来ていますが、マイペースでね。待っているだろうね、ご近所さん。

お酒のおつまみとか、ごはんのおかず何でもあり~~。

おいしいのよね。

このバイガイね!

でも~~買うと超高いし、僕んちは買わない。だって・・・・だって、お金がないんで、捕ってくるだけ~~

でね、この貝は、泥の中に生息。そのままでは食べれませんので、僕のうちでは、3回湯がいては、水洗いそして、味付けをします。


そう~そう~~今年は、ヤドカリが大発生。

上の画像の大きい方。

これを捕って、何にするって?

秘密・・・・秘密・・・

では、実は、赤いマダイのはえ縄漁のエサ。エサ。

自給自足で頑張ります。

漁師小屋秋田しらさぎのブログ



タイトル画像

相棒、久しぶりだね(ラインホーラ―)!

2015.07.05(05:48) 716



ご無沙汰してました。

あ!!頂いたコメント返信も書かず、ゴメン!

必ず、書きます。さぼちゃったよ~~!

ねね、いいこと書いてあるんでスルーしないで!

さて~~、この画像、僕らの商売道具の網巻器(ネットローラーとか、ラインホーら―とかいいます)これが無いと、網作業できません。

でもね、昔は、こんな道具が無かったんで、手で、網を力ずくで回収していたんですよ。

大先輩たち、すごい剛腕も持ち主。

僕は、か弱いんで(どこが・・・・)道具がないと、網も回収できませんというか、今の刺し網は、長さが半端でないんで、むり~~。。。

一の刺し網は、250メートルから、300メートルもあるんですよ。

ね、無理でしょ!!

でね、この網巻器、秋田で修理できないかといろんな方のお力をいただいて、探したところ、あったんですね!

モーターのコイル巻きなおして、そして、スイッチ関係すべてオーバーホール。

すごい作業。

1年と半年かかりました。でも~~うれしい。

しか~~し、

網巻器を取り付けの台が、これ用でありません。

しらさぎ、漁師さんは、改造のスペシャリスト。

NEC_1596.jpg
NEC_1597.jpg
NEC_1599.jpg

どーだ==?

ジュラルミンのエルアングルを、ダブルにして穴をあけて、ボルトの高さを計算しての取り付け。

ものすごく、網を巻いたときに力がかかるんで、壊れないようにね。

ざま~~ミロ!

スペシャリスト、しらさぎ親父にかかると、こんなもの、ちょちょいのチョイ。。。

なんて、うそ~~苦労しました。

けいさんして姉をあけたんですが、穴があわない!

ボルトが入って行かず、けっけよく、ねじきりして取り付け。

道具代金がかかった。

でも、今は、すこぶる調子がいいです。

ちなみに、オーバーフォール代金気になるでしょ?

オーバーホールは、7万円ぐらい、
そして、もっと掛かったのが、ローラーを取り付けのネねじ山が、来られていたんで、ボール盤でのねじきりに、2万円。

合わせて、いくら??9万円。

でも、買うよりすっとお得。

だって、商売道具だもの。

ね、ね、両方の修理屋さんは、秋田の中小企業なんですよ、

すごいでしょ。大手の企業がひしめくなか、地元でもこんなすばらしい企業があるんですよ。

何でも、新品買えばいいかもですが、物を大切につかうという、日本人のモラルというか、いいところをもっと、もっと発揮しなきゃ




企業ご紹介しますね。

網巻器を修理いただいたのは、秋田市山王のあります、坂井電装さん。
ねじきりをお願いしたのは、荻原鉄工さん。

もし、行かれる方は、僕の事言われるといいかも。
いいですか。いい、仕事っていうのは、修理時間がかかるもの、急いではいけません、職人さんの事を聞かねければ、修理してもらえませんよ。

みんな~~夢を追いつずけて、仕事しようよ。仕事はきついから、完成した時の喜びが倍増されるんだよ。
考えれば、なんとかなるものだよ。。。

漁師小屋秋田しらさぎのブログ



2015年07月
  1. アジが来た~~?(07/29)
  2. カキを捕る道具(07/29)
  3. バイ貝のかごの作り方(秋田編)(07/25)
  4. バイス万力自作とツブかご作成(07/16)
  5. ジャンボカキフライ(07/15)
  6. 海ソーメン(07/14)
  7. 僕は詩人?(07/13)
  8. マツブって知ってる?(07/12)
  9. 最悪な先週でしたが・・・・(07/11)
  10. 相棒、久しぶりだね(ラインホーラ―)!(07/05)