タイトル画像

自分を吹っ切れ、そして思い出、磯釣り

2015.10.25(10:43) 733

NEC_1653.jpg

思い出。磯釣り。

大切に使った道具。使用したらすぐ水洗いそして乾燥したら、ワックスがけ。

この竿には、すごい思い出がたくさん詰まっています。

ママは言います。釣竿1本あったらいいんじゃない?って。

違うんですね~~。

その時の使う竿は、その日の天候、そして魚体の大きさなどで使用する竿は変わることをママは知らないってことを。


磯釣り、僕にとって人生を掛けて取り組んだ釣りでした。
21歳から本格的に取り組んだ磯釣り、いろんな方々にお会いでき、いろんなことを学んだ、ただ単に釣りではかたずけれない磯釣をきっぱり今になってあきらめる事にしました。
釣り道具はすべて、友達の若い方に譲ることにいたしました。
僕は、磯釣りで使用した、竿、タモ、針もウエアも、がまかつというメーカーの大ファンで時に、釣竿の魚をかけてからの、釣竿が円を描く姿がものすごく好きで糸の切れる限界まで竿をまげて釣り上げたものでした。
人は言いました。
がまかつの竿は初心者の竿で魚は黙っていても上がるってことを聞きました。
昔の竹竿もそうでした。
庄内竿という有名な竿もその通り。似てます。
初心者の竿でもいいのです。大好きな竿でしたんで。
当時は、他メーカーの竿もありましたが、がまの釣竿は高価でしたね。
この、竿になってから、釣った釣った釣りまくりましたネ。黒鯛、マダイをメインにメジナなんか時には、練習にホッケ、サヨリほか何万匹というのは大げさですが、何百匹釣ってきたんでしょうか。

がまかつの竿は値段が高く、ある方は言いました。初心者の竿だと。

違います。どれだけ曲げれるか。どれだけ、この竿の魅力にはまれるかってことを知らない奴にこの竿の事を語ってほしくないもの。

そして、僕はハマりました。

でも、今は、磯の魚釣りしたいんですがもう、そんな事は、体もついていけなし、暇もない貧乏漁師。



吹っ切れました。思い出。そして、大切な、道具。

それは、一番はまっていたもの。磯釣りの竿などの、数々。

売ってしまったほうが、気が楽。

でも、しらない方に、適当に扱われたらと思うと、道具がかわいそう。

道具だけで、数十万円。

費やした時間と渡船代金なんて、決してママには言えない金額。

がまかつというメーカーでそろえて、竿リールは、シマノ、ウエアのがまかつブーツも。

磯釣りは、この竿で覚えました。どのくらい釣ったのかは、覚えてはいませんが、黒鯛は確か、午前中で、16枚が最高だと記憶しています。

働いておりましたが、シーズンになると、一週間に3~4日は魚釣り、三昧。

今思うと、よく首にならなかったなって。

リール最後に購入したのは7万円だった。当時の最新機種がどうしても欲しくて・・・。

今だから言える購入歴。

残業手当は、現金でもらえたので、ほとんどが、釣り道具屋さんの借金。

いい、お客さんだったようです。


釣りバカ日誌の映画の浜ちゃんみたいなものでしたね。というか、原作は僕の方が先かもね。

NEC_1652.jpg

すばらしい方が見つかったんで、その方にすべて差し上げました。

「いいんですか?」
「え~~い。持って行け泥棒~~くれてやるわ、いいから、もういうな・・・・・」
「男には、二言はないから・・・」

とう言うものの、ト・ホ・ホ・・・・。


その方は、僕の息子みたいな年齢ですが、お父さんが、まだ、磯釣りをやっているとの事。

言っていたそうです。その竿、どっからもってきたのって?

のどから手が出そうな、プレミヤの竿。

もう、今は、買うことができません。

お父さんが、触って、言ったそうです。ゆずってって?

でも、いやだっていったって。

誰からもらったのって・・・・言ったら、取引先の方だって答えたって。

こんなの、誰がくれるって、ありえないってサ。

秋田は、磯釣りの一級ポイント、男鹿半島という、フィールドを中心として、青森の竜飛岬での釣行。県境でのゴムボートでいった釣り、山形の粟島での、マダイ釣り、1m位の真鯛に、結局2回のチャンスがあっても、捕れず、ライン切れはひざが笑ったことを今だに覚えています。

男鹿半島の断崖絶壁をロッククライミング状態で友達と行ったこと。

ましては、飛島遠征釣行。

山形での、クラブ釣行で、前日お酒飲みすぎて、寝ていたこと。

今になってはすべて思い出。

吹っ切れず、道具をなかなか手放すことができず今まで。。。。

NEC_1650.jpg

円錐うきも、市販のものには飽きたらず、自分で霧木をカットして自作。

黒檀、のドッキングも。


6年かかりました。当時、材木問屋の友人いて、材料はそこの切れ端をいただいて、おもりまで、鉛を溶かして型を作り、流しておもり
制作をするところから。

塗装の関しては、車屋さんを回り、釣りに友人も製作していたんで、情報交換。

秋田の、フィールドでのうき作り。

機械は九州から取り寄せて。

もう、バカみたい。

でも、最後には、仲間たちから、売ってって来ていましたが。

売りません。使ってくれるんだったら、あげますってね!

うれしかったね。

ここまで、熱中していました。

今、渡船業者の方と先日会うことがあったんので父さんは言っていました。釣れなくなったて。

というか、今の若いやつ釣ってこないって。

そう、僕らは、流し釣りではなく、待ち伏せ釣りで釣っていました。
いまは、その様はことができない方がいないって。
うきあたりで見ていてフナ釣りみたいって、僕らはほとんど竿先あたり。
さみしいことです。

そのために自分のためにここまで頑張りましたとさ。。。

NEC_1649.jpg

棒ウキも自作。

すべて思い出。

皆さんのも僕のような思いでのものがたくさんあると思います。

吹っ切る為には、どのようのされましたか?

よろししかったら、教えてください。


これでやっと、吹っ切れました。

まだ、渓流のルアー竿関連、とあゆ釣り道具一式、ありますが、これは、もう少ししたら、考えます。

いまだ、ペットレスではありませんが、釣りレスになっている、僕ですが、漁で稼がないと、ますます、生活が苦しくなりますので、頑張りますね。

漁師小屋秋田しらさぎのブログ



タイトル画像

アジ釣りに変更

2014.08.17(06:14) 652

携帯電話で仲間に連絡?

スズキ釣れる?

なんもつれない!

NEC_1170.jpg
NEC_1171.jpg

親方になんもつれないって!

報告。

そんじゃ。今日はアジ釣り大会に変更するべ!!!

テなことで、今日はアジ釣り大会が、開幕(勝手にね!)

たった、親方と2人で始まったアジ釣りがいつの間にやら。船団を組んで仲間同士アジ釣り。

外洋に行く大きい船までアジ釣り。

でも、エンジンの音がうるさいのでアジが逃げてしまします。

僕ら、船外機軍団まったく関係ないですが、燃料高騰なため、エンジンストップ。

面白いように釣れます。
NEC_1172.jpg
みんな、出荷せずに自家製になります。
NEC_1173.jpg
NEC_1174.jpg

僕の手、結構大きんですがこのサイズ。

丸々と太っていました。

2匹並べて、アジの2ショット写真、下のサイズが僕かな?

だって、一番小さくて、スマートなんだもの???

じゃ上の丸々と太ったおいしそうなアジはだれ~~~かな???

それは、皆さん????

ひんしゅく~~~~。。。。

買いました~~~~~(ゴメンなさい!!!)

漁師小屋秋田しらさぎのブログ



タイトル画像

タイカブラとスキンサビキ 自作しました

2013.09.22(09:17) 588

数年前からプレジャーの方々に流行っていますよね。

僕も釣りは大好きなんですが、網をやっているとなかなかそこまでは、時間が許さない。

それでも、考えますね。

それにしても、タイカブラは釣り道具屋さんに行ってもかなり高価なもの。

作れないのかな~~。。。

ネ、ネみんなそう思わないかな?

シラサギさんの、手作り釣り具コーナーです。


ね見て見て、この画像、いいかんじじゃない。

実は、作成したのは、おもりと、このスカート(オレンジと白)部分。

ひらひらスカート、秋田ではストレートスカートはうっていましたが、カーリースカート(くるくるの代物)売っていない?なんで自作。


P9223004_convert_20130922090442.jpg




これは、何かな・・・・???


100均ショップにいること1時間半。

このスカート、売っているものは、シリコンゴム製。ゴム?ゴム???ん・ン~~~~???

あれもダメ、これじゃない?


そうだ~~~~子供だ喜ぶフーセン。!


施行錯誤の上、作ちゃいました(エヘン!!!)


どうですか出来栄えは~~~???

P9223007_convert_20130922090531.jpg


まだまだ、ヘッドの部分は(鉛部分 おもり)はこれからですが?


使ってみましたら・・・・?


先日、いないキス網をかけて、の2時間待ちの時間で、少し沖にでて、全然関係のないポイントで動きを見て、いい感じ・・・・。


なな、なんと釣れちゃいました。


20センチくらいの真鯛。

きらきらして、目元には、ブルーのアイシャドウのきれいな、マダイ・・・。

感動しちゃいました。

ま、改良の予知は十分ありますが、あの高い高価なカブラルアーは買わなくていいね。。。


PSラバーは、僕昔、ブラックバス釣りにも夢中でしたので、いっぱいあったんで、市販品でした。



さてさて、スキンサビキって昔ね一世不備した代物。

残った風船の端っこで針に巻いて作成。

サバには大好評。

もちろんつれましたよ。


P9223012_convert_20130922091023.jpg




でね、昔、僕は、変な話ですが、避妊用具のコンドームで本当に作っていました。
これが本当に釣れるんでね。

ママには内緒というよりもバカみたいと言われ・・・・。

釣りバカ日誌の浜ちゃんも作っていましたよね。
あの薄さと色が最高。

なんでも作る楽しみと考えることがボケ防止かな。。。


でも、本当に楽しいよ。

漁師小屋秋田しらさぎのブログ



タイトル画像

ソフトジギング

2013.08.13(05:20) 583

今年は、夏の稼ぎ時のスズキ(お魚)が僕らトローリング部隊えはあまり釣れない。

しらさぎ親父の夏のボーナスが、ない。

P8032834_convert_20130813044451.jpg

ずっと前から、考えていた事を実行。

船で、ルアーを引っ張る、横の釣りから、鉛のルアーを落とし込んで行くタテの釣にしなくちゃ。

釣り好きのかただったら、お分かりだと思うけど。

簡単に説明いちゃいます。

すずき君は、小魚くんをごはんにします。今までは、広範囲にいたために、船で、ルアーを付けてエンジンかけて、走らせながら、ルアー(疑似餌)を引っ張るのが僕らの秋田では、トローリング釣りが支流。

ここまで来ても、わかんないか?そっか、簡単に言うと、ハワイで観光のためにカジキマグロを船で竿を何本もたて、女の子を船に乗っけてかっこよくクルージングしながら、カジキがヒットというと彼氏が必死こいて、釣り上げて、最後には、獲ったカジキを見て女の子が感動し、彼氏に惚れ直す、そして熱いキッス。
本当は、キャプテンが、全部シチュレーションしているのも分からず・・・・。

バカヤロー!!海に女を連れてくるんじゃね~~。ここは甘くない。俺たちの仕事場さ。

な~~ちゃって、う・ら・や・ま・し・い・ネ!!!

ちょっと言いすぎたね。でもそんな感じ。それの、地味版が横の釣り。

タテの釣りとは、船で魚のいるところの真上に停めて、疑似餌を落として、釣り上げる、レジャー船でやっている釣り。

ま、今流行りのスタイル。結構女の子も参加してるよ、逆に彼氏をつれてね。
だって、あの気持ち悪い、ミミズのような餌に触らなくてもいいんだもの。だから、人気かな?


ま、わかったですかな?

この、トローリングは、許可がなければ、できませんので、注意してね。

つかまちゃうよ!!!

でね、鉛の疑似餌、結構高いんだ。

だったら、しらさぎ親父の出番。

皆さんお待ちかねのだったらこーなーです。

P8032834_convert_20130813044451.jpg
P8032848_convert_20130813044527.jpg

小学校の時に使ったねんどを買ってきて、そこに疑似餌を入れて、別に売るんじゃので、コピー品。

ま、手作りの方々は、耐熱シリコンを使ってるそうだが、僕は買えないので家にあった、耐熱コンクリートで作成。僕らは、昔から、この方法で仕掛けを作ってきたんでおてのものですが、乾くまで時間が掛かり。落とすと割れちゃうのでどうかな。本当は耐熱シリコンを欲しいんですが、高くてね。

型さえできてば、あとは、簡単です。

鉛はいっぱいあるし、いくら、疑似餌を引っ掛けてなくしても、安上がりとね。

詳しくは、しらさぎブログ(ヤフー)でそのうち掲載いたしますので、興味のある方はご覧ください。

漁師小屋秋田しらさぎのブログ



タイトル画像

釣り東北と磯釣り伝授(技)

2012.11.28(20:39) 538

DSC00572.jpg

お片付けにお宝。

何年買い続けたか、釣り東北という月間雑誌。

釣り好きにとっては、喉から手が出るほど欲しい本かな。

2巻から100巻ぐらいとアルファーあったと思います。もっとあったね。

それと鮎釣りに本も有りました。

もう、25年前の本。

古本屋さんに、もって行きました。

貴重な本ありがとうと!

本当です。でも、こんな機会がないと処分でできなかったんで思い切って処分しました。

秋田の男鹿半島のポイントは(磯釣り)とか釣りの様々とかは道具は変わっても、ポイントはそんなに変わっておりませんよ。

磯釣り人口はまた、増えてきてると聞いております。

釣り方は昔とずいぶん変わっているってことも聞いておりますが、しかし、最近の方々は黒鯛にしても、真鯛にしてもあまり枚数を釣っていないことも、渡船のオヤジさんがら聞いております。


そういえばフカセ釣りから秋田にウキ釣りが入って来た時た数年前から僕はのめり込んだもんで。

円錐浮きには、悩みましたね。
それでも、素晴らしい諸先輩と友達のおかげで、結構釣らせていただきました。

PIC_0105.jpg
PIC_0104.jpg
PIC_0102.jpg

そして、こんなことまでやりました。

円錐うき作り。

満足できなくくて。

自分のウキが作りたくて。

フィールドで実際に使ってみて、自分で納得がいくまで作り続けて6年間でやっと完成したものでした。

たかがウキ、されどウキきれいだけだと誰でも作れます。しかし使い勝手が良くなければ本当の磯釣りの円錐ウキにあらず(こらが、僕のポリシー)

もう、磯釣りはしたいけど、漁があるのでできないし、もう一度、ウキ作りをしたいとも思ったんですが、もう、歲だし、できないよね。

ということで、小屋を片付けているといろんな思い出だあるもあるも、お宝の玉手箱ですので、お片付けが進まない今日このごろかな?

編集後記

今、磯釣りをして、なかなか釣れない方もいるかと思います。
昔のやり方を伝授致しますね。
釣れるとおもいますよ。こらから、寒クロダイのシーズン。
枚数を稼ぐ為には、マキ餌が集まるところでの止め釣りで間違えなしです。
うきなんか見なくて結構。(ウキは流すための道具、ラインがしずまらないための道具、ポイントにダイレクトに投げるための道具かと)
棚をとったら、後は待ち伏せ釣りと、たまにラインをしゃくりあげて、餌を動かしてあげて下さい。
そうすると、竿先にガツンとあたりがくるはず。
僕は、座っている感じでゆっくり釣りをしていたんで、当たったら、ただ釣竿を上にあげて、竿のたまりを利用してタモがけ。たってしまえば、魚が散りますので、ひっそりとね。
自分を信じて、魚を信じて、時合いでで必ずチャンスが訪れます。その時に手返しを早くして何枚稼げるかで、その日の釣果枚数がきまりますよ。
さ、やるだけやってみて下さいね、しらさぎ爺ちゃんのひとりごとでした。

漁師小屋秋田しらさぎのブログ



タイトル画像

アオリイカ

2012.10.13(18:39) 525

PA060472_convert_20121013181302.jpg

美味しい、イカ、イカ!

アオリイカ!!!

この、アオリ、1匹で800グラムもありました。

エ!!!釣ったの?

ねらたんですがね、この日はいただき物。

久々に漁をやめて、じゃなくて、網をかけ終わってからの釣りでした。

釣れなかったんですが、仲間が食い渋い中釣ってきたものをいただきました。


PA060473_convert_20121013181343.jpg


もう、お刺身最高で、甘~~い、甘~~いアオリイカ。

PA060476_convert_20121013181413.jpg

ね、ね、イカって、皮付きの時には水で洗っていいんですが、皮をむいてからは洗ちゃ、絶対ダメって知ってる?

せっかくの、甘味が流されちゃうよ。

包丁でしごいて、ペーパータオルで拭いて隠し包丁で、切れ目を入れて、お刺身にするんですよ。

しらさぎからの、お・ね・が・い・でした。


そうそうこのおさかな!

P9220402_convert_20120930081530.jpg

しらさぎパパ、この、お魚に昨年かな、大変お世話になりました。

お手手が、グローブになって痛いのなんの。

カサゴです。背びれに猛毒。

でも背びれを切ちゃうとおいしいお魚。

背びれをカットした、哀れなカサゴ。

もう、とっくに僕のお腹の中に入れました。

漁師小屋秋田しらさぎのブログ



タイトル画像

優秀の美がどうしてもね???

2011.03.08(20:29) 392



今困っていることが?

なにって?

実は、僕のコレクション。

釣竿な?んです。

もう、磯釣りは20歳くらいからやりまして、つい数年まえに。

やめたわけではないですが、ここ数年はごぶさた。

鮎釣りも、漁師になってからは、いっていません。

渓流釣りも同じなんです。

そこで、処分しようかどうか迷っています。

P3080366_convert_20110308195241.jpg


磯釣りの話なんですが、最初に購入した釣竿はもう無いんですが、本当に磯釣りにハマッテしまい、当時、がまかつの名機で「GOOLO」「FX」「チヌスペシャル」「グレスペシャル」など当時の金額にして数十万円。
はたまた、レバーブレーキのリール(リールは当時は高かった・7万円もした)はたまた、市販の円錐ウキに飽きたらず、ウキを6年もの歳月をかけてやっと自分のウキができて、秋田の有名人また、他県の一緒に釣りをした仲間につかってもらったウキ(当時は東北では名がしれた友人)。
その、材料、霧の原木、黒檀、チタン、また、それを作る機械。僕があみ出した機械。

この、タックルで、おかげさまで、大会で優勝ならびに入賞させていただいたトロフィー・タテ・賞状。

すべて思い出。

今まで、釣りに費やした金額で、もしかしたら家が建つかも。
そんなことは無いが?

息子が、ついでくれたら、そのままそっくりプレゼントしたのに?

まだ、若いつもりなんですが、海で何が起こるかわからないし、きちんと整理しておかないとね。


なんか、暗くなちゃったけど、様は、男は、昔の彼女をずっと追いかけて踏ん切りがつかなと同じです。

ネットで売ろうか?

知らないところへお嫁に出そうか?

本当にこよなく愛してくれる方にあげようか?でも、僕と同じに大切に使ってくれるか不安。

または、思い切って、燃やしてしまおうか?

悩んでいます。

もし、皆さん、よきアドバイスがあれば、コメできまますか?

漁師小屋秋田しらさぎのブログ



タイトル画像

漁師サビキ、手作り編・ 

2010.05.11(20:57) 290

みなさん、予告してました、しらさぎ親父のサビキ作りを今回は、余す所なくお教えいたします。

そんな、入れ込んだものじゃないって??違うって、このサビキホントためになりますよ。

ゆっくりご覧くださいネ。この手作りサビキを覚えるとすべて応用が利きますよ。

超・長文になりますのであしからずネ。


さて、始めます。

準備するもの。

1.さば皮とか、ハゲ皮なんか
  ボクの場合すべて自家製。さばなんか捕って身はいただき、皮はきちんとぬめりを取ってガラスとか、アクリル板を使って自然乾燥で来年使います。買ったことがほとんどありませんが、面倒なかたと、お金がある方は釣り道具屋さんで購入してください。
作り方は、ネットで検索してくださいね。たぶんのっていると思いますよ。
ただ、なまずは苦労致しますよ。知りたい方は、コメください。


2.釣り針(好みですが釣るための大きさ)
  つれ無ければ、ハリスをおとす前に、(号数)針の号数をおとす事(10号→8号)そんな感じ。
  それから、ハリスの号数ダウンを考えます。


3.バイス(針を押さえるもの)
  ボクは釣りから入った漁師なんで、川で行うフライフィシングが大好き。時にドライフライ最高。
で、高価なバイスもありますが、海で使うサビキつくりは正直、3000円程度の安いバイスの方が扱いやすいで  すので安いバイスを使用してください(尚、高いバイスは刃先が太い針を使用するため減りやすいですから使用し  ないほうがいいと思いますよ)


4.ボビンケース(糸巻器)

5.ボビンしばり糸(いろんな糸と色があります)

6.フラッシャー(光った糸)
  いろんな色があり多種多様です。
鳥の羽関係も使いますよ


コレだけ、1回買ったらしばらく使えますよ。


画像紹介いたしますね。


1・しらさぎ親父が作ったさば皮(こんなのです。買えば300円ぐらい取られます。お教えいたします。塩さばの皮を使っても出来ますが、塩抜きしないとせっかく作った針が腐食いたしますよ。コレだと安上がりだよ)



2.フラシャーです。今回は、ピンクと白を使用また、染色して使用する場合もあります(ポイント)
P1000071.jpg

3.さば皮を使用しています。さば皮を定規で(親父は元内装屋さんなんで、ジベラ(パテを塗るもの。100円ショップにいた奴、売っています。)
幅一センチにカットそれを二つおりして、シラスカット(カットの仕方もネットで検索して見たらロスの無いように書いてましたが、親父はいっぱいありますんでロスがあって気にしませんよ。)
はさみは、100円ショップでいいものいっぱいあります。ご自分で手にあったものを購入してね。切れなくなったらまた購入100円ですから。フライ用の高いはさみはもったいないですから、使いません。
P1000072.jpg


4.いよいよ。パーツがそろった所で、針巻きです。
あれ???針が2つ???なんで??。
ここポイントです。はじめの一本結んだら、カットせず二本目。
2本目をまいた(フラシャーを巻いた所でカットいたします。そうすえば。いちいち、フラシャーをそろえることがないので、時間短縮ができます。

P1000070.jpg


5.さて、シラスカットしたサバ皮を糸でしっかりとくくりつけます。
そして、接着いたしますが、けして瞬間剤でつけないで(ポイント)
100均で売っているマニュキュァ(トップコートを薄め液で半々に致します)
買うときは、抵抗ありますが、面の皮ですが、娘さんか奥様に頼んでもOKですね。これが一番です。
喚起に注意ですよ、蒸発いたしますから、タバコも禁煙ね。せっかく巻いたサビキが燃えたら最悪ですよ。
P1000069.jpg

こんな感じで集中してやれば(なれると僕でも、30分で約50本の針を巻きますが、1時間で100本は出来ません。30分も集中してれば疲れます。ので、やすみやすみです。もっと早く巻く方もいますね。ようはなれなれ!
P1000073.jpg


6.さていよいよ、ハリス結びです。
ハリスは、今回は1.2号を使いました。
ボクは、結構固めのハリスが好きです。
今回は、ゴーセンの昔から出ているハリス。ホンテロンを使用いたしました。
また、ハリスにしなやかさを(塩流れが速く、食いが渋いときは安???い500メートルでいくらのナイロン糸を使うときもあります。
誰ですか、そんなのは弱くてだめといってる方は・・・・・。
確かに、カーボンよりは弱いかも?ですが、結び方ですよ、結びかたです。
後で紹介いたします。
カーボンは、ナイロンよりも重いってことを知っていますか??。
昔から、漁師は、安いのを使って魚をいっぱいとってるじゃないですか。
プロは、針はまた使っても、ハリスはその時だけですよ。ここもポイントですね。

P1000067.jpg


7.ハリスは、今回は24?25センチに設定いたしました。
ダンボール紙(スーパーからダンボールをいただいてきて、ふたの部分を30センチにきり、そこにハリスをグルグル巻き。
片方が30センチなんで端、端にはさみを入れれば30センチのはリスが巻いた数の倍ぼハリスが出来ます。
そろえて端っこを、輪ゴムで縛ります。
漁師は、ハリスを結ぶ時は、基本的にはさみを使いません。25センチだとしたら、針には2,5センチを針縛りシロを取りますと、もうその半分はミキ糸むすびに使用しします。
ぎりぎりで勝負したら、はさみなんか使わなくともいい、訳。
はさみをいちいち持っていたら。時間のロス。
いつも、ホン結びで勝負。
慣れると、結構楽なもんですよ。
画像にでてないかな???よくご覧くださいネ。

P1000066.jpg

まずは、1本出来上がり。
P1000065.jpg

どんどん作っていくとこんな感じです。
ここまで来ると3分の2が出来上がりです。

P1000063.jpg

8.道糸につけます
結び方はぜひ参考にしてください。通常の八の字結びは、もう古いですよ。
最強結ぶをこころがけてください。
今回は間隔は60センチです。

6本胴つき仕掛けで、作成です。


枝針の結び方ここをクリックしてみてくださいね。
ボクの結び方にホンとそっくりな結び方が出ていました。
こんな感じで結びまうが今回はクロメバルなんで、必ず赤いビーズ玉を一個ハリスを結ぶいときにつけてください



P1000082.jpg
すみません、画像間に合いませんでしたが、こんな感じで巻くと使いやすいですよ。


後はどうゆう風に作るかはあなた次第です。
ご自分で作ってつれた時は最高のよろこびです。

最後に。クロメバルは同一針に、1本だけ違う針を入れれば、釣果が上がります。
後は、船の操船にかかっていますので、がんばってみてくださいね。
最終ポイントは魚が食わないときは、食わせるせる為1匹だけえさをつけますよ。
一匹食べれば、あとは、連鎖反応で食らえ付きますよ。



最後までお読みいただきありがとうございました。
ご質問があれば、どんな小さいことでも、ボクがわかる範囲でお答えいたしますから、コメントいただければ幸いです。




次回予告です。

ダイビングに使用いたします、ハシゴを掲載いたします。

ボクが、1年年間悩みに悩んだハシゴが出来ましたよ。

ご期待くださいネ。

漁師小屋秋田しらさぎのブログ



タイトル画像

サクラマス釣り?(最新情報)

2009.12.25(17:50) 216



今日、外はお天気がよかったです。

しばらくぶりに船にエンジンをかけにいったというのは口実。

実は、サクラマスが食べたくて釣りに行きましたが、親方と港で合うが、海はごらんの通り出れません。

心の中で一安心。

だったら、とマスつりに行きますと言い残し船を出す。

ポイントしらみつぶしに狙うが、まったくあたりなし。

いないのかな??。

おっと、ずしっと、重いが、地球。

え、でもひいたように思えたのは僕だけ。

しょうがないので、ひっかかったところに船を操作し、ルアー回収。(もったいないからね)

こんなことやれるのは船の特権。(いいでしょう・せこいって・・・・せこいですよ!)

数ヶ所やったが、まだサクラマスは来ていません。

というのが結論。

海が、よければ網をかければかかるかも?だが、それでは面白くない。

また、挑戦してみます。

サクラマスつりは、今シーズン目標、5本かな。

つれるかな?????????

漁師小屋秋田しらさぎのブログ



タイトル画像

磯釣り・円錐うき

2009.10.20(22:10) 167

過去に、こんなことまで、こってましたね。

しらさぎ漁師小屋を片付けしてましたら・・・・・。

円錐うき自作してました。

卵じゃないです。芸術作品ですよ??ん。

しらさぎ親父、漁師になる前は、釣りバカでした。

いろんな釣りをしましたが、その中でも磯釣りと夏の鮎つりは大好きでした。

けして、やめたわけではありませんが、今はヒマが無いです。

凝り性で、当時、磯釣りで使うウキがあまり高くて、ましては気に入った商品がほとんど無く、自分で作ってしまえと6年間かかったんですが、完全お手製、そこらへんに出しても恥ずかしくないものが出来て、自分の名入りウキは結構評判がよかったです(エヘン^^:)


ウキバックの中から出てきました。各種。全部僕が作りました。ほんの一部です。

PIC_0105.jpgすべて、桐製。作品です。
うきつくって、ここまで来るのに6年(今は作ってません)。今の僕は漁師修行7年目。はたから見ればバカみたい。でも、海は大好き。


PIC_0104.jpg

最終に作成した作品です。

この中にいっぱい思い出。大会優勝ウキは友達に本日上げました。
考えてみれば、3人ほど作成を教えた方がいましたね。
6年の歳月を惜しみも無く、確か3日で教えたはずですね。
どうしてるかな、皆、秋田で有名大会を制覇した方々ででしたね。


この作品、今からかれこれ15年くらいの前の作品でした。

漁師小屋秋田しらさぎのブログ



釣り
  1. 自分を吹っ切れ、そして思い出、磯釣り(10/25)
  2. アジ釣りに変更(08/17)
  3. タイカブラとスキンサビキ 自作しました(09/22)
  4. ソフトジギング(08/13)
  5. 釣り東北と磯釣り伝授(技)(11/28)
  6. アオリイカ(10/13)
  7. 優秀の美がどうしてもね???(03/08)
  8. 漁師サビキ、手作り編・ (05/11)
  9. サクラマス釣り?(最新情報)(12/25)
  10. 磯釣り・円錐うき(10/20)
次のページ
次のページ