タイトル画像

エサ取り網と掛かりすぎ注意報

2017.05.23(21:57) 780



今日は好天。

エサの確保。

エサ捕り網を掛けました。

狙うは、コハダって言うお魚。

今、ちょうど沿岸に産卵のため、群れで回遊中。

あたるか、失敗するかは、運と今までの漁師の感。

昨年の秋、今年使うエサがまったく取れずで、組合にコハダとういお魚注文したんですが、まったくないとの事でしたが、20キロ入れを、5箱注文したんですが、まったく入荷見込みなし。

じゃ、自分で捕るしかありませんが、今年は大当たり。

もう、僕の冷凍庫は、超満タン。

ありすぎて、今は塩漬け。

完全に確保して。

いざ。

なんの漁?

バイ貝と川蟹漁をこれからやるゾ~~。。。

今年は、短期期間で勝負。。。

このコハダって、皆さんもお寿司屋さんに行けば、ひかり物でおいしいお魚。

NEC_2083.jpg

こんな顔しています。

で、今日はかかりすぎ。

キロ数で、約60キロと~~~????

後は、食用で寄せたのが6キロぐらいで。

合計で、66キロですが、その他、サメとかを入れれば、75キロぐらい掛かってしまい、半日は魚はずしに費やしました。

でも~~うれしい。

もい一回かけてやめようかと。

でも、本心は、ここまでかからなくてもいいのにな~~。

また、〆コハダは、食用としてまた、真空パックにして、保存します。

ね、しらさぎ家の食卓は、たまには、お肉たべたいよって皆が口には出しませんが、そうみたい。

お前たち、ほかの方から見たら超贅沢だよね~~。

みな様、いってげて、言ってあげて、しらさぎ家の家族にね~~~!!!

漁師小屋秋田しらさぎのブログ



タイトル画像

商品開発

2017.05.21(05:06) 779

皆様、お久しぶりです。

もう、すっかり春ですね。

というか、暑い日と寒い日がありまして、お体大丈夫?

インフルエンザ、忘れてはいけませんよ!まだ、猛威をふるっていますよ。




しらさぎ親父、実は、アルバイト先の部署を変えられ、もうてんてこ舞いで、毎日、朝、4時に出勤帰りは17時頃という、過酷な仕事。
責任があり、どうしても、こうしても、帰れない日々。
本業の漁師は、なかなか行けずそれに両親の介護、ママにもものすごい負担。頭が上がりません。これも人生。いろんなことがあります。ボヤキは、ネットでしかできません。
でも、たまに、海に出ると、そんな疲れもぶっ飛びますね。

さて~~

ネットで、真空機械、やっと購入しました。

NEC_2078.jpg

いいね~~!!!

すぐさま使ってみました。

フグがちょうど、網にかかったんで、フグのみりん干し。

少しあぶって食べるととってもおいしい。

商品にしようか?

モコちゃん(娘)が言っていました。

売れるよ、超おいしいって。

NEC_2077.jpg


じゃいくらで???

NEC_2079.jpg

1000円!!!!!

エ~~~~~~高くないって?

あたりまエ。。。だってフグだよ・・・・手間が半端でないし、おつまみってものすごく高いよ~~?

NEC_2075.jpg

ふと袋に7枚~8枚入っています。

あぶって食べると、鷹のつめが入っていて、甘いみりん干しにアクセントが効いていて最高においしいです。

僕の好きな日本酒に、ビールはもちろん、ワインは白、焼酎だって最高におつまみに出来上がりました。

僕は980円でと思ってますが、高いか安いかは皆さんがお決めになればいいと本心では思っている今日この頃。

さて~~、誰に渡そうかですよね。

ほしい方、手を上げて~~~~~???????

限定品ですよ???すうりょに完全限りがあります。。。。。


頑固一徹、味には超うるさいしらさぎ親父のフグのピリッとみりん干しのお話でした。

漁師小屋秋田しらさぎのブログ



タイトル画像

漁師サビキ手作り(自作)編 2017バージョン

2017.01.30(19:54) 777

今日は、2010年5月に大好評であった擬餌針(サビキ針)について7年ぶりに復活して2017バージョンとして公表しま~す。

ネ~~記事投稿777番目だってこんなに書いていたの?漁師小屋秋田しらさぎブログは永久に行きたいね。
今年も、春から縁起がいいや~~~!!!

さて~~~、釣り人だったら疑似針を作って大物を釣りたいと思う方々が多いですよね。

大物ヒラメ・大物スズキ・巨大クロカラ・マダイなどなどそのほか魚を捕食する大物魚。

釣ってみたいと思いせんか?

釣り方は、小さいアジとか、イワシ、サバをかけてそのまま底に沈めて、大物ゲット。

沈め釣りですね。

この釣り方は昔よりありましたが、最近釣り人の間でまた脚光を浴びてきました。

さて、どうやったら、その小物の小魚をかけてしまう、針を入手できない今日この頃に自作しかないでしょ!!!

お教えしますよ、しらさぎ親父が。

さて、前回の記事は7年前のサビキ作りの記事で~す。ご覧になりたい方はクリックしてねでした。

ご参考にしてください。

さて~~本題です。

2017バージョンの、特徴は市販のサバ皮を使用しましたが・・・・。

使用したのはこれ

NEC_2062.jpg

サバ皮のケイムラ。最近流行してますよね。

通常のサバ皮よりも食いがいいです。

発光が違うからかな?でも、事実です。実証済みですが、市販の仕掛けは高価。

だったら、自分仕様のサビキを作ったら!

ただ、ロングシラスカットで針には長すぎるし、実際にシラスよりもデカすぎるので

NEC_2065.jpg

このようにしてハサミでカット

NEC_2064.jpg

上の方が買った当初のサバ皮、下の方がハサミでカットしたもので、これを使用します。

ごめんね、画像、携帯カメラなんで光ってね・・・・ぺこり。

NEC_2057.jpg

この針が今回の2017バージョン。

知りたいですか?

教えちゃうよ~~。

今回は、銀のちりちりのフラシャー2本・黒のフラシャーごく少量・とケイムラのサバ皮のみと、赤の縛り糸。

ここに注目ですよ。ベイトはシラス、をよく観察してください。フラッシャー系統はごく少量で本当のシラスカラーです。また、赤のフロスは赤いエラを表します。地味ほど、大型の黒メバルはよく食いつきます。メバル系統は、お目目が大きいですよね。よ~~く見ていますよ。スズキも目が大きい、ということは魚とだまし合いです。それが疑似餌です。僕は昔渓流魚も好きで釣っていましたが、ヒントはストリーマーという、疑似餌、水生昆虫を真似した、なんでしたっけ?ウイックはカツラでしたよね。あ~~忘れちゃった。ウッズじゃなくて、もいういいや。
ま、そこにヒントが。。。
地味なほど食いつきがよいのでした。
最近は、ド派手な仕掛けもありますが、僕らは使わないということもありませんが、ほとんどが地味仕掛けですよ。
そうしないと、数が望まないから。

一匹を釣って満足は過去の話、僕らは、生活がかかっていますから、ある程度は釣って皆様に鮮度のいい、お魚を提供しなければいけません。
ただこの針だけでは数釣りはできませんので、まったくつれない針を使ったりしてまたこの針にということをやったり、一か所ばっかり責めないで、ほかの場所にいって、また、その場所に戻ったりを繰り替します。
それで、クーラーを満タンにして集荷します。
レジャーの方々でも非常に上手の方々もいっぱいおられます。負けないように頑張らねばネ。

NEC_2060.jpg

こんな感じというか、今日巻いた、ほやほやサビキです。

NEC_2063.jpg

針は今回は「がまかつ」のチヌ4号使用。

通常の平打ちのサビキ針だと、大物がかかった時針が折れる心配があります。
僕の経験ですが。
なので、かかりは悪いですが、この針を使用し、さらにおすすめが、「オーナー針」。
この針は、重い針ですが強度は抜群。
どうぞ、比べて見てくださいね。
その会社のよって長所短所はもちろんあります、皆さんが経験し自分にあったものをどうぞ使用なさってください。

最後に、もうここまできたら必殺秘密兵器も言っちゃうよ。

NEC_2066.jpg

まだ売っているかな?かなり前購入して薄めて使用していますから、まだります。糸止めにしようしますが、今までは、マネキュアでしたが、過去には、紫外線で光るこの道具。気持ちも持ちようだとおもいますが、何か違いますね~~。

追加です。
釣竿ってどうゆうの使っているの?って聞かれたこともありましたんで言っちゃいますが、そんな高価なものはしらさぎは使っておりませんが本当の事言いますね。
釣竿は、5対5のムーチングロッドのおもり負荷が30号と50号と80号の長さは3.0~3.3メートルのものを使用しています。
ここが本当のミソですが、たとえば50号の竿に50号指摘のおもりは僕の場合付けません。というか、50号でちょうどいいという竿でも、その付加価値を殺して、最低でも60~70号くらい付けて竿の弁々を殺して使用していますよ。その方が、大物の魚の食い込みがいいみたいで、警戒心が強いですから警戒心をなくすることに歳注意しています。
しかし、このような使い方をしますと、早く釣竿を痛めてしましますが、しょうがありませんが、腰の抜けた竿もまた味がありますよ。
そうそう、おもりも、今はものすごく高いので、僕は型に鉛を流し込んで、自作しています。自分で出来るものはなんでも自作していますね。貧乏性でしょ。でも漁師はしょうがありませんよね。もう、少し裕福だったらね。亡くなった松方弘樹さんみたいに椀飯振舞してみたいです。

そうそう、今度機会がありましたら、タイの擬餌針みたいなやつ、紹介しましょうか?ヒントはルアーですが、だ~~れも知らんとおもいますよ。ま、機会があったらね。

ご質問があれば、どうぞ何なりとコメントにお書きくださいね。
僕のわかっている範囲でお答えしますよ。
個人的にという方は、アドレスと、管理者だけにクリックしても、結構ですよ。

じゃまたね。

釣りはいいよね~~~はやく行きたいね~~。

そうそう、なに、しらざぎ丸に乗りたいって?ありがとうございます。じゃ行きますか!ゴメン、遊漁船許可ないんだった!
ごめ~~ン・・・・。

漁師小屋秋田しらさぎのブログ



タイトル画像

早く行きたい海

2017.01.29(08:44) 776

kaki1.jpg昨年の画像です。

大震災で大打撃を受けた、カキ筏、岩手県側で今、旬のカキが水揚げされています。

おいしいよね~~カキ!生ガキと蒸カキ。

昨年は、しらさぎは、船を大改造していて、たったの一回しか、潜り漁はできませんでした。

それも、海が濁っていて、まったく底が見えずでも、一回は取らないとと思い、必死で潜水しましたね。

本当は、目的のアワビでしたが・・・・

kaki3.jpg

カキをとってきて、今晩のおかず。

シタナミっていう貝も。

sitanami1.jpg

出しをとってから、お味噌汁。

残ったのは、しょうゆと塩で煮ておつまみ最高。

kaki2.jpg

夏まで待てない。

今、エサとり網を気温1~2度の小屋で作成しています日々。

あ~~さむ^^。

でも、春からの漁に備えないと、やることいっぱい、網ができたら、タコの仕掛け、川蟹のかご修理とお魚を釣るための仕掛けづくり。
やること満載。

そうそう、親方の船台もやらなくちゃ。

時間がほしい今日この頃。

そんなとき、女の子の孫の写真が

ohimasama.png

あ~ちゃん!

ほっとします。

大きくなったら、デズニーのソフィヤ姫になるんだって。

じいちゃんお金いっぱいかかるね~~。。。



漁師小屋秋田しらさぎのブログ



タイトル画像

刺し網作っています

2017.01.09(22:19) 774

sasiamigazou.png
お正月も終わりました。

僕は、もう、エンジン始動。

昨年、9月後半より、海に出れず、まったくを持って、今年のエサがありません。

なんの?

バイガイ?あのおいしい海の巻貝。

それから、川蟹。

エサが無くては、どうしようもない漁です。

昨年も、魚がいなくて皆困っています、当然、僕も、ものすごく困っています。

だったら、頑張って捕ればいいじゃん!!!

その通りです。

さて、網も買いましたが、作るのが面倒といか、ものすごく時間がかかります。

ami2.jpg
刺し網の網です。

見たことないでしょ。

これだけは、買った方が安いです。

作成は、できないことはないですが、無理~~時間の無駄。

後は、網の目数を計算して、(ここは漁師みんな悩むところ、企業秘密)編んでいきます。

このような形で。

ami1.jpg

僕の網は5反(網を5つ、つなげて(一っ箇所)が基準、時にはそれを2つ繋いで使用するときもあります。

長さは300メートル。時には600メートル。

え~~って思う方々がほとんどですが、海の上で300メートルってすぐそこですよ。

だって、海って広いんだものね。

刺し網ってね、網の中でも比較的簡単な網、あとは定置網とか・・・・いっぱいあるよ。

どんな感じで?

sasiamigazou.png

お魚の通り道に待ち伏せ網。

漁師って汚いよね。

通り道に仕掛けてね~~~。

それが仕事だよ。

魚捕らなければ、皆さんにおいしいお魚を提供できないんだよ。

食べたいよね~~お刺身、焼き物、寒くなってね、鍋とかね!

僕、お肉の鍋ががいって?ダメ、だめ。

病気のなっちゃうよ。

日本人はね、昔から魚とお米を食べた民族。

欧米化しているよ。

長生きできないよ~~だ。

皆さん魚いっぱい食べて~~。

さて、この網でなにを捕るって?

コハダっていうお魚(寿司屋さんに行くと酢でしめての光物の定番)いっぱいとって食用と、後はエサで~~す。

捕れればいいよね。春と秋までの分冷凍庫満タンにしないと漁ができない今年でした。

がんばるぞ~~!!!

漁師小屋秋田しらさぎのブログ



タイトル画像

バイ貝漁です

2016.05.26(19:02) 766



わ~~い、たくさんのバイ貝。

でも、これでも、少量。

あたらない。むずかしい漁です。

今、仲間もそうですが、血眼になって、何処にいるか探しています。

仲間は、みんなライバルですが、情報交換しながらかごをかけるところを探している状態。

中には、まったく教えてくれない方もいますが、しょうがないです。

NEC_1910.jpg

ひと仕掛け450メートル、籠が53個ついていて、けっこうな長さですが、海に撒くとそんなでもありませんよ。

僕は現在、2か所勝負。

エサが無いので辛抱しながらやっていると、隣の先輩漁師さん、網をかけてアカエイがかかっていて、エサに使えと、超巨大アカエイをくれました。

大きさは、お相撲さんがすわる座布団くらいの大きさ。

解体するのにものすごく時間がかかりますが、その一匹で、2回分のえさになり、ありがたやありがたや・・・・。

NEC_1909.jpg
NEC_1908.jpg
NEC_1908.jpg

こんな形で上がってきます。

写真は完全やらせの写真ですが・・・・例です。例・・・!

さて~~次回は、つぶ貝の煮かたについて、漁師のおいしい作り方、しらさぎバージョンをご紹介しますね。

漁師小屋秋田しらさぎのブログ



タイトル画像

イイダコ漁終わっちゃった

2016.05.20(19:59) 764

こんにちわ~~!

前回の記事でみなさん読みにくかったでしょ?

あまりにも、熱が入りすぎ誤字脱字が多くいやはや~~すみません。

それでも、お読みいただき、ありがとうございました。(直そうと思ったんですが、しらさぎ親父の味ということでご勘弁)



さて~~、今日、気になっていたイイダコの、最終縄を夕方上げてきました。





船内からの撮影にて、画像がよくありませんが、気にしなしで~~。。。

最後のイイダコは、出荷しないでというか、もうできないので自家製になります。

たった、3キロ程度しかいませんので、ちょうどいいかも。

冷凍にし冬にでも食べようかな?


少し風波があったんですが、前回の大風に比べたら、なんてことない風。

いや~~海っていい時もあれば、怖いときもありますね。


さて~~これからの漁は、バイツブ漁に専念しなくちゃ、でも、魚も捕りたいよね~~。

バイ貝をやっていると、網もろくすっぽかけれないのが現状ですが、何とかしてクリヤしたいのです。

二足のわらじは履けないって言うけど、ことわざを打破したいものです。

漁師小屋秋田しらさぎのブログ



タイトル画像

船・甲板FRP作業「青空と海」・・・?

2016.05.08(06:44) 762

九州、熊本地震・4・14から、もう一か月たちましたが、亡くなられて方、家を失って避難所生活、テント生活、車生活の方々、お悔やみ申し上げます。
でも、あきらめないで、前へ進んでください。
岩手、宮古の地震の方々も、一生懸命、前へ進んでいっておられます。
申し訳ないですが、人間は、自然には勝てないです。
僕も、仕事柄、その事は痛切に感じております。
でも、人間には、考えるという、素晴らしい力があるので、みんなで考えて少しずつ、少しずつ前に進んでいってください。
どうぞ、早く復興出来るよう、日本国、九州の各県の行政の方々、机に座っていても、何も解決しません、行動力でネクタイなんかはずして、行動してください。
特に秋田の行政、今、秋田の力が試させる時ですよ。もし秋田にこのような天災が来たら。あなたたちどうなさるつもりですか?
ネクタイなんか、はずして、僕のように合羽を来て汗水流して働いてくださいよ・・・・!


さて~~、いや~~忘れていました。

先輩漁師さん、組合の寄り合いで、「な~~俺の船、甲板割れていて、そこから、水が漏るのよ。な~~しらさぎ、治してくれない?」


言われて、早、半年、お酒飲んでいるので、上機嫌で、確かその時は、「大丈夫、水がしみこめば、船が重くなって、安定していいよ~~」なんて、適当はことで、かたずけていました感じ。

「しらさぎ、お前は、ひどい奴だ!覚えておけよ!」

「あ~~、僕、忘れっぽいので、無理~~」

なんて言っていた感じ。


今年の、船を下ろしたとき。

「な~~しらさぎ、甲板、修理してくれや~~?」

「なおして、くれるって言ったねが~~」

「ん・・・・」

NEC_1891.jpg

てなわけで、GW、お天気がぱっとしない中、やることに・・・。

船は、24フィート、和船、平船、小さく見えますが、甲板を張るとなると、マット数で30メートルぐらいはります。

結構な量を一人で作業しましければなりません。

でも、こつこつと、限られた時間内での作業。

与えられたのは2日間。

お天気と勝負。

資材はネットで購入。

NEC_1893.jpg

お天気が、悪くて、作業が進みませんが、今、何をしなければいけないかってことを、頭に入れての作業。

雨が、降ってれば、家で、ガラスマットの切断作業(これだけでも、1時間は優にかかります)。

後は、甲板をブラシで洗って、研磨作業。

この研磨しなければ、樹脂があとからはがれてきます。


それだけで、半日かかり、あとは午後からどれだけ張れるかです。

当日は、気温15度くらい、作業には少し低く、FRP作業は気温20度くらいが最高の条件。

ですが、それを逆手にとって、ゆっくり硬化していくので、好都合。

マットは、縦に張ればいいのですが、作業工程からすると、船に対して横に張った方が効率がよく、一人でも何とかできますが、慣れていないと、樹脂が固まってしまい、ひどい目にあいますので、まずは小さい所から、練習した方が、イイかもですが、僕は慣れていますので、一気に張っていきます。

ただ、これだけはお話しておきますね。

決して、作業中は、手を休めず、誰が来ても、すべて無視すること。

そうしなければ、樹脂が固まってしまってすべて、PAですよ?パーになってしまいますから・・・・(DAIGOさんみたい、失礼しました)

夕方、マットを2枚張って終了が、夕方の5時、疲れた~~でも、お空が心配。

雨雲がそこまで来ていて、後、1時間もってくれれば、表面が固まってくれて大丈夫なのですが・・・。

夜8時、晩酌をしてて、あれ~~思っていたら雨の音。

あ~~、降るな~~。持ってくれ、と心で思って・・・・。

翌日、誰よりも早く心配で港に行って、まずは、タオルで軽く、雨水を拭いてみたら、少しは影響あったが、心配ないくらい。

僕に見方を・・・・?

さて、残すは、後3枚ちょっとと、色塗り。

時間が無いので、仲間だ見る中、作業開始。

ギャラリーうるさく、あ~でもないとかこうでもないとか、はたまた、僕対する罵声・・・。

あ~~も~~・・・一言・・・「うるせい~~~~!!!!」

といったら、「お前、うるせいだって、誰に口きいいとるんじゃ!」

僕は「お前じゃ!!!」「声かけるな・・・」

「すみません」

ま、みんなが励ましてくれてての冗談会話ですが、知らない方が聞くと完全に、喧嘩・・・・。

そこまで成長させてくれたのが、先輩漁師さんたち、なかには口の聞けない理事の方にも平気で口をきき、僕って、恵まれてるなって思います。

NEC_1895.jpg

やっとの思いで、甲板を張り終え、樹脂が固まったら今度は色塗り。

今回は、予算が無いということで、FRP樹脂に、顔料を混ぜて専門塗料を作りましたが、前の色とは、正反対で、明るい色での仕上げ。

2回塗りましたが、厚く塗り、(この方網のかごを引きずるのですぐさま減ってsまいます)ま、僕もですが・・・。

でも、上手に塗らないと、ヒビが入りますよ。

てなわけで、今回のFPP作業テーマは「青空と海・・・・

完成です。


編集後記

FRP樹脂には、ゲルコート塗装で・・ウレタン・アクリル塗装はつきますがあまりお勧めしません。

今回の作業で儲かると思っている方いませんか?先輩漁師さんですので、まったく儲かりませんあしからず・・・。
でも、船屋さんい依託したらものすごい取られますよ・・・だって。簡単に書きましたが、作業は大変ですから。

あと甲板塗がもう1艇、頼まれていますが、聞こえない・・・知らないふり~~やりたくない・・・魚取りたい~~~ということで、忍法知らねふり~~~~~~!!!!!。

漁師小屋秋田しらさぎのブログ



タイトル画像

しらさぎ危機一髪・あやうし!

2016.05.06(23:25) 760

GWも終わりました。

皆さん、どっかに行った?

しらさぎ家では、近場だけ。だって、お天気も悪く、遠くに行っても混んでいるしね~~。

さて~~、GW始まってから、たくさん稼ごうと思ったんですが、海はあいにく、荒れていました。

さて、秋田の方では、東風が吹くと、海は穏やかになるんですが強すぎて、沖は風波が立ちシケ模様。

実は、4月28日の夕方、今年初の網をかけ、29日東の風予報だったので、ゆっくり編み上げの予定。

しかし、28日夕方に先輩漁師さんが来て、うねりが出てきたとの事でしたが気にしないで次の日にはおさまるだろうと親方と思っていたやさき・・・・・・・。

あくる日、ゆっくと6時には家を出ましたが~~先輩漁師と車ですれ違い、その時でした。

「波高くて出られない(出港)」

「エ~~うそ~~?」

すぐさま港へ。

あ~~ビックウエンズ~~・・

けたたましい波音と白波が折れすごい波。

や~~出れない。

無理すれば出れますが、命あってのなんとやら。。。

いいや~~、網がグル巻きになっても仕方ないって。

あきらめて、仲間と談義。

そして、親方の出れないって電話をかけた。

親方は、スッとんできて、海をじっと見つめ、

そして、こう言いた。

「俺の船で行くから、合羽を着て行く準備しろ!」

「エ~~この波で?」

「行く」  親方

絶句・・・・・。

でも、親方が行くって行ったときは、よほど自信があるって事。

親方は、前日、2か所網をかけていて、どうしても行きたかったんでしょう。

でも、このような天気と波。

いつもは、一人で行くところ、どうしても一人では無理と判断したんでしょう。

沖だと波も、タダのうねりのおおきいなやつですが、岸に近づくと、波が折れて、非常に危険きわまりない。

一歩間違うと、転覆の可能性大・・・・。

河口には、波が崩れていて一面真っ白。

親方。座ってつかまってれ~~、

船は、大波に向かって、全速。。。

波に船首が40度くらいほとんど壁に船は全速でつっこんでいき、ドッスン。

座ったいた僕、腰がくだけそうに痛い。

つかまっているだけでやっと。

親方の必至。。。

そのような波を4~5回繰り返しやっとの思いで、沖まででた。

画像は当然ありませんよ~~。余裕なし・・・・。



沖は、高いうねりがあったが、何とか船が走れるにはきついけど、何とかなりそう。

運転を変わって編上げの為、僕が運転。怖い。

沖は、親方の網に、アイナメが結構掛かっていて、二人で、笑いながら、網あげ。でも、二人とも顔が引きつっていたね。

今度は、問題の岸に網をかけていたので、近づき、様子を見た。

心の中で、カウント。

1・2・3・4・5・・・ザ~~どブ~~ん。(波が崩れる)

親方も一緒。同じカウントを数えてるみたい。

大きな波とともに、近づき大きな波をかわしながら、

親方、「行くぞ」

「ん」

運転は任せた」

「ン」

旗をつかみ、イカリを揚げ、網を必至で巻き取る親方。

通常であれば、イカリまでのロープをきれいに束ねる親方だがそんな余裕すらなく、甲板に適当に置き、網上げに専念。

僕は、船の舵を取りながら、心の中でカウント。1・・2・3・4・5・6・・・・・・・。

来なければいい、高い、崩れる波・・・・。

網あげ、4分の3位行ったところで、親方が、

「バックしてもう一度巻くか?」

その時、

後方から、大波。、

バックししながら、かわしたが、後部より波が入って来て、危機一髪。

親方から、目線で、大丈夫かって・・・。

うなずく僕だか、まったく余裕すらなく、本当はもうやめたい心境。

でも、親方に、

「やれる、大丈夫。いくぞ」

「わかった」

必死で、網上げ再開。

残り、4分の1。

よし、終わった、あとは、もう、片方のイカリさえあげれば。

親方が、

「よし、上がった」

その瞬間、後方より、前回の波より2倍以上大きなうねり。

来た~~~。

旗のロープはを引きずりながら。(よくスクリューに絡まらなかった)

親方に、「座れ~~」って

「来た!!!!!!!!」

言ったと同時に、面舵いっぱい・・・全速ターン。

親方が、座る間もなく、船首より転げてきたが、もう何ともならない。

大波につ込んでいき、船が波を乗り切った途端、どすーん、バシャ。。。

乗り切った。乗り切った、

危機一髪、どころか、紙一重。

あと、1秒遅ければ、転覆、間違えなく転覆あと1秒で・・・・。


船は、全速で、沖へまっしぐら。

二人で、危なかったなって、笑えるのも今だから。。。

でも、親方、体、痛くない?

お前のもひどい運転するなって・・・

でも、運転うまくなったなって、親方から。

漁師は、普通の船の操縦以上に運転がうまくないと漁はできませんよ(エヘン・・・)

帰りに、親方の運転で、僕の網を上げてまた、ビックウエンズが待っている河口に行ったところで、親方と運転を変わり、無事寄港。

仲間から、よく行ってきたなってね。

無事だからこそ、笑いながら、お互い、水で乾杯をし、師匠と弟子、仲よく、網から魚を久々に、親方の船でお手伝い。

でも、船の運転技量はやはり、親方には、かなわないっていうことが、痛切に思い知らされることになってしました。

親方から、コワくなくなれば、怪我をするから、これでいいのだって。

漁師小屋秋田しらさぎのブログ



タイトル画像

出荷場の清掃

2016.05.04(22:23) 759

先日、出荷場の大清掃を行いました。

今年は、結構な人数、一冬の間にずいぶん苔が生えてきたところだの、貝殻のついた活魚の水槽をジェットの高圧機を使って清掃しました。

高圧機を借りてきたのはいいんだけど、借りてきた人が使い方がわからず、結局僕が使い方を教えてのはいいんだけど、この僕が水槽の中の入って、清掃する羽目になってしまったヨ。

ま、いいんだけど、マスクをし、顔にはタオルおあ巻いて、帽子をかぶって 、フル装備しないと、帰りしぶきで、真っ黒けになちゃいます。

で、やってもいいけど、昼食の弁当は、2倍もらうからという、契約でやったんですが・・・・・?

結局、1人前だけ(トほほ・・・・)でも、ジュースは2本いただきました。


NEC_1890.jpg

NEC_1889.jpg

濾過装置も、きれいに洗浄。

NEC_1888.jpg

NEC_1886.jpg

終わったら、みんな海が気になり、お弁当をみんな、もらって帰宅するところではありますが、僕は外でとんかつ弁当をいただき、その足で、すぐさま、海に行き、飯蛸縄を上げに行ってね、きれいな出荷場で、一番先に集荷しました。

綺麗だと、気持ちがいいよね。。。

漁師小屋秋田しらさぎのブログ



漁業
  1. エサ取り網と掛かりすぎ注意報(05/23)
  2. 商品開発(05/21)
  3. 漁師サビキ手作り(自作)編 2017バージョン(01/30)
  4. 早く行きたい海(01/29)
  5. 刺し網作っています(01/09)
  6. バイ貝漁です(05/26)
  7. イイダコ漁終わっちゃった(05/20)
  8. 船・甲板FRP作業「青空と海」・・・?(05/08)
  9. しらさぎ危機一髪・あやうし!(05/06)
  10. 出荷場の清掃(05/04)
次のページ
次のページ